人気ブログランキング |

タグ:言論弾圧 ( 8 ) タグの人気記事

 

怖い怖い言論弾圧>南鮮からの日本ヘイトは問題なしとされるのに!

Yahoo:「週刊ポストが「韓国は要らない」特集を謝罪。「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」

9月2日発売の週刊誌「週刊ポスト」で「韓国なんて要らない」などと題する特集を掲載し、小学館から関わりのある作家らから「差別的だ」と批判を受けた問題で、発行元の小学館は「誤解を広めかねず、配慮に欠けていた」と謝罪した。ハフポスト日本版の取材に対し、メールで回答した。

怒りの声あがる

批判の声が寄せられたのは週刊ポスト9月13日号。「韓国なんて要らない」などと題して特集を展開。

「『嫌韓』ではなく『断韓』だ」「厄介な隣人にサヨウナラ」とし、GSOMIA(軍事情報包括保護協定)を破棄した韓国側のデメリットや、輸出管理強化による韓国経済への影響などについて検証する記事を掲載した。

また『怒りを抑えられない韓国人という病理』という記事では、「大韓神経精神医学会」のレポートを紹介する形で、韓国の成人の10人に1人が治療が必要なレベルで感情がコントロールできないなどとした。

これに小学館にゆかりのある作家たちから批判の声が相次ぎ、リレーコラムを担当するしている深沢潮さんは「記事が差別扇動であることが見過ごせず、リレーエッセイをお休みすることにしました」とし、今後の執筆を取りやめると発表した。

また小学館から本を刊行していること作家の柳美里さんも「日本で暮らす韓国・朝鮮籍の子どもたち、日本国籍を有しているが朝鮮半島にルーツを持つ人たちが、この新聞広告を目にして何を感じるか、想像してみなかったのだろうか?」と批判したほか、思想家の内田樹さんも「いいんです。俗情に阿(おもね)らないと財政的に立ち行かないという出版社なんかとは縁が切れても」とし、小学館との仕事を今後しないと宣言した。
「誤解広めかねず...」謝罪

ハフポスト日本版が小学館に文書で質問したところ、週刊ポスト編集部名義で回答があった。

回答では特集の意図について、「混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたもの」とした一方で、 「『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました」とし、謝罪した。

編集部のコメント全文は以下の通り。

弊誌9月13日号掲載の特集『韓国なんて要らない!』は、混迷する日韓関係について様々な観点からシミュレーションしたものですが、多くのご意見、ご批判をいただきました。
なかでも、『怒りを抑えられない「韓国人という病理」』記事に関しては、韓国で発表・報道された論文を基にしたものとはいえ、誤解を広めかねず、配慮に欠けておりました。
お詫びするとともに、他のご意見と合わせ、真摯に受け止めて参ります。 (『週刊ポスト』編集部)


別に間違ったことじゃないでしょう?
南鮮からの日本へのヘイト行為は無問題とされるのに
何で日本で声を上げるとこういうことになるんだ?
不平等だと思いますけど?

朝鮮人なら何をしても良いけど
日本人は常に、どんなことであっても朝鮮人に配慮、媚びへつらわないといけないのでしょうか?
そんな関係のどこが対等な関係といけるのか?どうみても南鮮人の奴隷としての日本人にしか見えないんですが

本当に狂ってると思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190902-00010013-huffpost-soci


元記事
Seesaa:「怖い怖い言論弾圧>南鮮からの日本ヘイトは問題なしとされるのに!
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2019-09-02 21:15 | ゆがんだ報道

言論弾圧がまかり通る社会になりましたねー

yahoo:「新潮社、「新潮45」の休刊を発表 杉田水脈氏の寄稿文問題で批判

新潮社が9月25日、月刊誌「新潮45」の休刊を公式サイトで発表した。

同誌は、8月号に杉田水脈氏が同性愛者について「生産性がない」と記した寄稿文を掲載、さらに10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した特集を組んで批判を浴び、社長が9月21日付けで「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」があったと認める声明を出す事態になっていた。

(動画)「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」どんな内容?

新潮社は公式サイトに掲載した「休刊のお知らせ」で、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と宣言した。

また、同誌について、「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否め」ないと認め、「その結果、『あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現』(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します」と謝罪した。

お知らせ文は「これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」と締めくくっている。

新潮社が発表した「休刊のお知らせ」全文は以下の通り。

--

「新潮45」休刊のお知らせ

弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。

しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。

会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。

これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。

今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。



認めちゃいけなかったね
議論しないで、自ら閉じたのは言論の自由を自ら廃棄したようなもの
もちろんそこに至る前に、酷いことを言ってきた行動してきたキチガイが居て、どうしようも無かったのかもしれないんだけど
少なくとも新潮社の看板への落書きはその一種だと思いますんで、犯罪行為として警察は取り締まるべきですよ
仮に差別的な無いようだったとしても、それに対抗するために何をしても良いって事は無いので
たんなる言論に対して、アレだけの横暴な行為を行ってただで済んだんじゃ世も末ってものですし、言論の自由は亡くなりつつあるって事の証左ですよね

まぁなんにしてもLGBT界隈にうかつなことをいうと社会的に抹殺されるので、近寄らない方が良いという風潮をつくったのは間違いないでしょう

一種の特権階級をつくってしまいましたよね
差別をなくすとかいっておきながら、どこに自由と平等があるのやら


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00010003-huffpost-soci


元記事
Seesaa:「言論弾圧がまかり通る社会になりましたねー
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-09-25 20:30 | 異常なこと

左翼の人たちは本当に言論弾圧が好きらしい

yahoo:「「ニュース女子と東京新聞は関係ない」 副主幹が反論
東京新聞(中日新聞東京本社)の長谷川幸洋・論説副主幹は6日、自身が司会を務める東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組に批判の声が上がっていることについて「論評いたしません」と述べた。コメンテーターを務めるニッポン放送のラジオ番組で語った。そのうえで、東京新聞が「反省」を表明したことに対し、「言論の自由に対する侵害だ」とし、「(副主幹を)辞めるわけにはいかない」とも語った。

 問題になっているのは、沖縄の米軍基地反対運動を「テロリストみたい」などと伝えた1月2日放送の「ニュース女子」。取り上げられた人権団体や沖縄の基地反対の人たちから「差別的」「意図的な歪曲(わいきょく)がある」と批判の声が上がり、東京新聞と中日新聞は2日付朝刊に深田実論説主幹の名前で「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」との謝罪記事を掲載した。

 長谷川氏は6日、番組については「コメントすることは差し控えたい」としたうえで「ニュース女子と東京新聞は全く関係ない。なぜ深く反省するのか」と指摘し、「番組で取り上げた議論と東京新聞の報道姿勢は違うし、私自身も(同紙の主張と)違う。でも(主張の)違いを理由に私を処分するのは言論の自由に対する侵害」「意見が違うことで排除したら北朝鮮と一緒」などと批判した。

 さらに会社から「内示のようなもの」があると明かし、「私の方から辞めるなんてことは、もう500%ありません」。「言いたいことはニュース女子で言います。これからも」と話した。

 一方、東京新聞の深田論説主幹は取材に「紙面で書いたことにつきます」と話した。(坂本進)


長谷川って人がおっしゃる通りかと

新聞社が言論弾圧をしたらダメでしょうね
もし懲戒免職などになったら、東京新聞中日新聞には言論の自由はないということを表明するようなものです
一つの意見しか通らないなら、新聞社として言論の自由を訴えることは不可能になるんじゃないでしょうか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170206-00000081-asahi-soci


元記事
Seesaa:「左翼の人たちは本当に言論弾圧が好きらしい
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2017-02-07 20:58 | ゆがんだ報道

会社が勝手にお詫びしちゃうのかー、会社から言論弾圧を受けるわけね?>さすが東京新聞えげつない

yahoo:「東京新聞「深く反省」 副主幹司会「ニュース女子」問題
沖縄の基地反対運動を伝えた際に人種差別的な発言があったなど批判の声が上がっている東京メトロポリタンテレビジョン(MXテレビ)の番組に、東京新聞(中日新聞東京本社)論説副主幹の長谷川幸洋氏が出演していたことについて、東京新聞は2日付朝刊1面に「深く反省」とする記事を掲載した。中日新聞も同日付社会面で同内容の記事を載せた。

 記事は深田実論説主幹名で、番組の内容について「本紙のこれまでの報道姿勢および社説の主張と異なることはまず明言しておかなくてはなりません」「事実に基づかない論評が含まれており到底同意できるものでもありません」と説明。「他メディアで起きたことではあっても責任と反省を深く感じています。とりわけ副主幹が出演していたことについては重く受け止め、対処します」「読者の方々には心配をおかけし、おわびします」としている。同紙には250件を超える批判や、見解を求める声が寄せられたという。

 問題になっているのは、1月2日放送の「ニュース女子」。反対運動を「テロリストみたい」などと表現し、長谷川氏は司会を務めていた。東京新聞はこれまで、番組の問題点を何度も報じてきたが、長谷川氏については触れていなかった。番組内で「反対派の黒幕」などと名指しされた人権団体の共同代表・辛淑玉(シンスゴ)さんは先月27日、放送倫理・番組向上機構(BPO)放送人権委員会に人権侵害の申し立てをしている。


社員の言説を守るどころか、簡単に屈して謝っちゃうのか
新聞社として本当に最低ですね

たかが在日朝鮮人の言いがかりに負けて、日本人の言論の自由を奪うとか
最低も最低、さすがクズ新聞ですわ

事実を指摘されて、逆切れしたんでしょうかね?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170202-00000022-asahi-soci


元記事
Seesaa:「会社が勝手にお詫びしちゃうのかー、会社から言論弾圧を受けるわけね?>さすが東京新聞えげつない
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2017-02-02 19:59 | ゆがんだ報道

共生って何の冗談です?強制でしょ?> #在日朝鮮人 が日本国民の言論を弾圧した

Yahoo:「共生へ希望貫く 川崎・「ヘイト」デモ中止

「デモは中止になりました」。県警警察官のアナウンスに、沿道は歓声と拍手に包まれた。5日、川崎市中原区で計画された「川崎発!日本浄化デモ第三弾!」は出発直後に中止となった。行く手を阻んだのは、差別に反対する意思を示そうと集まった市民たち。県警も表明の場を確かに守った。ヘイトスピーチの根絶を訴え続けた在日コリアン3世、崔(チェ)江以子(カンイヂャ)さん(42)は「私たちは法で守られる存在だと示された」。示されたのはこの社会全体の意思なのだと思えて、涙がこぼれた。

 小雨が降る住宅街。開始予定時刻の午前11時半を回り、デモ隊が動きだす。10メートルほど進み、足止めされた。その先で100人近い市民が車道に体を横たえ、行く手を阻んだ。

 デモ隊に向き合う警官隊も路上の人たちに手を掛けることはない。沿道からの「ヘイトスピーチをやめろ」の声が大きくなる。ほどなく、主催者の津崎尚道氏がデモを中止することを県警側に伝えた。

 午前10時前。デモ集合場所の中原平和公園に抗議のカウンター行動をしようと人々が集まってきた。市民団体「『ヘイトスピーチを許さない』かわさき市民ネットワーク」の三浦知人事務局長(61)は「在日コリアン集住地区の川崎区桜本を狙った過去2回に続く『日本浄化デモ第三弾』とうたっている以上、差別に反対する意思を示そう」と呼び掛けた。国会議員、県議、市議を含め、その数は県内外から千人規模に膨れ上がった。

 同11時ごろ、津崎氏が姿をみせた。崔さんが駆け寄る。1日に手渡そうと試み、受け取ってもらえなかった手紙を持参していた。

 前夜、思いも新たに「共に生きよう 共に幸せに 共に安寧に」というプラカードを作った。

 わが街桜本を標的にした津崎氏の2度にわたるヘイトデモで受けた心の傷を訴え、5月24日にヘイトスピーチは許されないと宣言するヘイトスピーチ解消法ができた。法の後押しで、川崎市は同30日、津崎氏に公園使用不許可の判断を下し、横浜地裁川崎支部も6月2日にヘイトデモを禁じる仮処分を決め、桜本は守られた。それは社会福祉法人職員として自身も携わる、互いの違いを豊かさとして認め合う共に生きるまちづくりの理念が認められたのと同じ意味を持っていた。

 共生の理念は誰より、民族の違いをもって排斥を叫ぶ津崎氏に届けたかった。

 〈津崎さん。私たちの出会いは悲しい出会いでした。

 津崎さん。私たち出会い直しませんか。加害、被害の関係から、今この時を共に生きる一人の人間同士として出会い直しませんか。

 加害、被害のステージから共に降りませんか〉
 「桜本の街は、差別をやめてもらえれば津崎さんとも共に生きる準備はできている」という崔さんの覚悟と決意の表れとして、手紙の最後に自身の携帯電話の番号を記した。

 手紙は県警の仲立ちもあり、直接手渡すことができた。直後に聞いた「デモ中止」のアナウンス。崔さんは長男中根寧生(ネオ)さん(13)と抱き合い泣いた。国、自治体、司法に続き「警察にも守ってもらえた」。そしてこの日も差別に反対する意思をともに示してくれた多くの人たち。わが街で、わが子の目の前で「ゴキブリ朝鮮人、死ね、殺せ」と言われた絶望が、「きょう、みなさんと一緒に希望によって上書きされた」。

 ■「川崎モデル」全国に
 ヘイトスピーチ解消法に詳しい師岡康子弁護士の話 ヘイトスピーチ解消法はデモを不許可とする根拠としては不明確だが、同法の成立で国の態度が明確に変わった。国は反差別の立場に立ち、法務省はこの日、「ヘイトスピーチ許さない」との巨大電光掲示板を掲げた車を出動させた。

 警察はデモ主催者に中止を促し、これまでのカウンターを敵視する態度を改めた。カウンターは、同法が求める「不当な差別的言動のない社会の実現に寄与」する努力(3条)そのものであり、国はカウンター行動を尊重すべきことになったといえる。

 国と市民がともに反差別の立場にたち、ヘイトデモを中止させ、人権侵害を許さなかった意義は大きい。今後、川崎市、裁判所も含め、反差別に全社会的に取り組んだ「川崎モデル」が全国に広がることが望まれる。


在日朝鮮人による日本国民弾圧モデルが出来てしまいました
こんな悪法撤去して欲しいですね

国民を守らずに寄生虫を守る外法でしかないです
本当に残念なことになってしまいました


共生とかいって
にこやかな顔の裏にナイフをちらつかせている連中と握手出来るわけ無いでしょう


どちらにしても外人が国民の権利を暴力を持って剥奪したということが大きな問題にならなければ、本当にまずいと思いますね


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160606-00009696-kana-l14


元記事
Seesaa:「共生って何の冗談です?強制でしょ?> #在日朝鮮人 が日本国民の言論を弾圧した
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします

  by sunrisesunset77 | 2016-06-06 21:05 | 反日団体あれこれ

大勢で意見表明を潰した非道>川崎

Yahoo:「川崎のデモ、開始直後に中止

神奈川・川崎市で行われたデモを取り囲む、ヘイトスピーチに反対する人たち。デモは出発直後に中止となった。人権や国籍などの差別をあおるヘイトスピーチの対策法が5月に可決、成立している


ヘイトスピーチの可能性があるという理由だけで
意見を表明する機会を多数を持ってたたきつぶした非道な現状
くわえれば、在日朝鮮人もいたと思われるので外人によって国民の意見を言う機会を潰されたとも言えるのではないでしょうか?
こんな非道なことがまかり通ることになったことを考えれば安倍総理のやったことは非常に罪深いと言えるのではないでしょうか?
どう考えても国民の権利>外人でなければおかしい

日本の方針に逆らう外人が居るならどんどん帰っていただけば良いのです
日本に賛同する人だけに来て貰いたいですね
しかし、多数寄生しているのは支那だの朝鮮だのと言った反日民族ばかり・・・
そいつらが国民のモノを言う機会を奪い始めました
危険な情勢だと思いませんか?


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160605-00000065-jijp-soci.view-000


元記事
Seesaa:「大勢で意見表明を潰した非道>川崎
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします

  by sunrisesunset77 | 2016-06-05 19:30 | 反日団体あれこれ

人権擁護法案的な言論弾圧行動ですね!>有田君は怖いお方だ

Yahoo:「<差別表現街宣活動>参院議員らが都公安委に不許可を要請

>「朝鮮人を殺せ」などの人種差別的言動「ヘイトスピーチ」(憎悪表現)をしている団体が31日に東京のコリアンタウンである新大久保で街宣を計画しているとして、有田芳生(よしふ)参院議員(民主)らが26日、東京都公安委員会に対し、こうした団体からJR新大久保駅周辺で街宣活動の届け出があった場合、許可しないよう要請した。駅周辺の商店街で集めた署名492筆とネット署名5486筆を添えた。

 署名を集めた男性会社員(30)らは東京・永田町で記者会見し「目の前で人種差別が行われており、見逃せない」と訴えた。

 要請によると、2~3月の週末、新大久保駅周辺での政治団体の街宣で「朝鮮人はゴキブリだ」などのヘイトスピーチがあり、商店街が騒然となったとしている。


まさに人権擁護法案的な動きですね
差別だと思ったら、それで相手の言論を封じ込めることが出来る、ってことになったら本当に不自由なことになるかと思いますし、それを法無しでやろうとしている有田芳生というやつは危険すぎますよ

在特会のやり方には一部おかしいと思う点はありますけど、だからといって今まで朝鮮人にやりたい放題やられてきた日本人の目を覚ますには必要悪と考えられる面が多々あります。全面的に賛成は出来ませんが、ある程度は認めても良いと自分は思いますね。普通に考えればもっと穏やかに正当なやり方で対抗していくべきなんでしょうけど、でも限度ってモノがあります。政治家を報道を法曹界をいろいろ手中に収めている朝鮮人に対抗するにはある意味止む無しですよ

そして、参議院議員がこのような卑劣な方法で言論弾圧を仕掛けてくる、本当に異常事態ですよ
一体この国はどこまで乗っ取られているのか?例え間違ったことでもいいたいことを言える世の中でなければ駄目でしょう。もし駄目なことなら世論を味方に付けることが出来ず、落ちぶれていくだけでしょ?それを権力を持って封じ込めるのは決してあってはならないような気がしますけどね

有田ってそういうのに反対してなかった?みずからやったら駄目ですよ(笑)


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130327-00000004-mai-soci


元記事
Seesaa:「人権擁護法案的な言論弾圧行動ですね!>有田君は怖いお方だ
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします

人気ブログランキングへ

  by sunrisesunset77 | 2013-03-27 19:06 | 人権擁護法案

杞憂で終わればいいのですがね>民主党による言論弾圧が厳しくなってきた

産経新聞:「防衛次官通達、安住氏が主導 政務官再考促すも耳を貸さず

>防衛省が昨年11月、自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる事務次官通達を出した問題で、これを主導したのは当時防衛副大臣の安住淳民主党国対委員長だったことが26日、分かった。複数の防衛省筋が明らかにした。通達に関する会議で広田一政務官は「この通達はやりすぎだ」と再考を求めたが、安住氏は振り切ったという。

 昨秋の臨時国会で自民党が「言論統制を強いる通達だ」として北沢俊美防衛相らを厳しく追及したことを受け、安住氏が通達撤回を検討していたことも分かった。安住氏は「撤回しても効力はものすごい。通達を1度出したことに意義がある」と周囲に語ったが、北沢氏は「撤回すると非を認めたことになり、さらに野党に追及される」と判断し、撤回を見送った。

 通達は、11月3日の航空自衛隊入間基地(埼玉県狭山市)の航空祭で、民間団体「航友会」会長が「一刻も早く菅政権をぶっつぶしましょう」などと政権批判したのがきっかけ。

 これに激怒した安住氏は「何でもいいから制裁措置を考えろ」と対応策を指示。内局文書課が通達案を作成したところ、安住、広田両氏は担当幹部とともに防衛省内で会議を開き、通達案を協議した。

 広田氏は通達への反発を憂慮し、「やり過ぎだ」と再考を促したが、安住氏は耳を貸さなかったという。その後、北沢氏も通達を了承し、11月10日付で通達が発出された。

広田氏の懸念の通り、自衛隊やOB組織、後援会などで「思想信条の自由を定めた憲法の精神に反する」と激しい反発が起き、自民党は国会で北沢氏らを追及。民主党からも「後世に残る政権の汚点だ」(党幹部)との批判が上がった。

 これを受け、安住氏は通達撤回を検討した。この際に「撤回しても効力はものすごい」などと語ったのは、一度通達を出せば自衛隊内で強く印象づけられ、民間人の政権批判を控えさせる「自主規制」が働くと踏んだからだとされる。

 安住氏は産経新聞の取材に対して「コメントしない」と語った。


もう冗談じゃなくなってきましたね
上記記事だけではなく、
自衛隊出身のヒゲの隊長コト佐藤正久議員、宇都隆史議員などとか現役自衛隊員の動きも監視対象にしているとか
こんな事で良いのでしょうか?
左翼政権が、いろいろ理想をぶち上げて政権ができました。結果がこれです。これって自由主義社会で認められることですか?

また、
産経新聞:「自民総裁に遅刻要請、自衛隊OBらの賀詞交歓会 次官通達盾に式次第検閲

>防衛省所管の社団法人が主催した賀詞交歓会で、自民党の谷垣禎一総裁が出席時間を遅らせるよう要請され、同省政務三役らと「同列」の開会冒頭の祝辞ができなかったことが25日、分かった。主催者側から式次第の報告を受けた防衛省の意向だとされる。自衛隊行事での民間人による政権批判を封じる昨年11月の事務次官通達を盾に、防衛省が部外行事の内容にも介入していることが具体的に明らかになったのは初めて。

 賀詞交歓会は今月19日正午から東京・市谷の防衛省近くのホテルで開かれた。自衛隊OBらで構成する社団法人の「日本郷友連盟」「隊友会」「全国自衛隊父兄会」の3法人共催で、来賓として防衛省・自衛隊幹部のほか駐日大使館関係者ら約300人が参加した。

 3法人は昨年11月中旬、与野党国会議員約60人に案内状を送り、12月15日までの返信を要請した。民主、自民、公明の3党から13人の国会議員が出席し、当初谷垣氏は3法人の代表や防衛省政務三役の挨拶の直後に来賓として挨拶する予定だった。

 しかし、自民党総裁室などによると、法人側は開催前日になり突然、「(谷垣氏には)午後0時40分ちょうどに来てほしい」と要請してきた。理由として「主催者代表の挨拶などセレモニーに30分はかかる」と説明した。

 要請を受けて谷垣氏は0時40分に会場に到着し、約5分間挨拶した。すでに松本大輔防衛政務官と民主党議員ら約10人の登壇・挨拶は終了し、主な出席者の紹介も終えていた。

政務三役と民主党議員の冒頭祝辞と谷垣氏の挨拶を「差別化」する狙いがあったとみられる。ある自民党幹部は「法人側からは『あえて遅れてきてもらいたい。防衛省の意向だ』と要請された」と証言する。

 日本郷友連盟は25日、産経新聞の取材に「防衛省の担当部署には事前に式次第を説明していたが、実施計画はこちらでつくった」と回答した。

 「隊員の政治的中立性の確保について」と題する次官通達は、民間人に自衛隊行事での言論統制を強いる一方、政権批判が予想される部外行事への自衛官の参加を控えるよう求めている。通達は昨年11月に航空自衛隊基地で開かれた航空祭で民間団体会長が、尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件に関する政府対応を批判したことを機に出された。


どうにもなりませんね

民主党への批判は絶対許さない、という姿勢を強く打ち出してきています
保守系の人たちの現政権への批判集会が、そのうち各国で行われている暴動のようになって現政権から鎮圧されるようになる日も近いことでしょう

その時日本の民主主義は終わるわけですね


元記事
Seesaa:「杞憂で終わればいいのですがね>民主党による言論弾圧が厳しくなってきた
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします

  by sunrisesunset77 | 2011-01-29 21:20 | 反日団体あれこれ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE