<   2018年 05月 ( 59 )   > この月の画像一覧

 

まず法の下の平等を確保するために日本国民へのヘイトスピーチも取り締まるようにしましょう

yahoo:「「ネットではヘイトスピーチが野放しのままに…」制定2年、対策法の限界とは

ヘイトスピーチ対策法が制定され、2年が経った。いまだネット上に溢れるヘイトと向き合うためには、どうしたら良いのか。【BuzzFeed Japan / 籏智広太】

国内に居住する外国籍の人らへの差別や排除の扇動をするような言動の抑止や、解消を目的としたヘイトスピーチ対策法が制定されたのは2016年6月のことだ。

ヘイト問題に対する社会的な注目が高まっただけではなく、川崎市が利用制限を設けたガイドラインを制定するなどし、街頭における大規模デモなどへの一定の効果はあったと言える。

ただ、対策法は具体的な罰則規定がない「理念法」であるため、いまだに多くの「ヘイト」は野放しになっているままだ。

特に、インターネット上においては多くのコメントや書き込みが止まる気配はない。Twitterや「まとめサイト」における情報だけではなく、2018年5月には、内閣府が運営するサイトにヘイトコメントが書き込まれ、放置されていたことも明らかになっている。

こうした状況については、より強い規制や行政による監視を求める声があがっている一方、「表現の自由」との兼ね合いもあり、過度な規制が「検閲」にならないよう心配する声もある。
「ネットではヘイトスピーチが野放しのままに…」制定2年、対策法の限界とは

数百万円稼ぐ「まとめサイト」も

5月30日には、ネット上のヘイト問題を考える集会が参議院議員会館で開かれ、識者らが対策法が及ばないことで起きている問題点を説明した。

ジャーナリストの津田大介さんは、いわゆる「嫌韓・嫌中」のまとめサイトなどが多くが、広告収入目的でヘイトや差別情報を拡散させていることを問題視。

なかには月に数百万円単位で稼いでいるサイトがあることにも言及しながら、「ヘイトを載せているようなサイトには広告をつけられないようにするというような経済制裁的な規制が必要ではないか」と述べた。

津田さんはまた、現行のプロバイダ責任制限法(プロ責法)の見直しにも言及した。

プロ責法では、権利侵害を受けた被害者がプロバイダ側に「発信者情報開示」を求めることができると定められている。

ただ、発信者保護の観点などから任意では応じないケースがほとんどで、裁判を起こす必要があるなど、被害者個人の負担も大きい。

津田さんは「誰がどのような目的でやっているかきちんと特定して訴訟できるよう、見直しが必要ではないか」と訴え、一方で「検閲、インターネット監視とつながってしまうという副作用も大きい」として、表現の自由を犯さないような、慎重な規制の必要性を訴えた。

ドイツでは最大63億円の罰則

一方、龍谷大学教員の金尚均・龍谷大法学部教授(刑法)は、ドイツにおけるヘイトスピーチ対策について語った。

ドイツでは2018年から、明らかに違法なヘイトな書き込みの24時間以内削除などを定めた法整備を実施。SNSやメディア運営者側に最大で5000万ユーロ(約63億円)の罰則を設けている。

金教授は、ドイツでは違法な表現内容が細かに定められている点や、申請から削除までが短時間であることを評価。

「日本では、犯罪であると認定されたケースでも情報が残っていることもある。ヘイトスピーチ対策法などの制定に合わせ、新たな法改正をすべきではないか」と指摘し、刑法(名誉毀損や脅迫)のインターネットに特化した罰則整備や、プロ責法改正の必要性を訴えた。
「ネットではヘイトスピーチが野放しのままに…」制定2年、対策法の限界とは

現行法ではヘイトが野放しに…?

現状の法規制では不十分だという声は、現場の弁護士からも声があがった。

Twitter上における在日コリアン女性への脅迫事件を担当していた師岡康子弁護士は、「ヘイトスピーチが法律上違法となっておらず、差別的動機によるヘイトクライムも明文上規定されていない」と、理念法であるゆえの問題点を指摘した。

実際、数百寄せられた誹謗中傷・ヘイトのツイートのうち、脅迫罪にあたる30件のみしか告訴できなかったという。事件では5月18日、藤沢市在住の50歳の男が書類送検されたが、起訴されるかは不明だ。

師岡弁護士は、「刑法に触れなければ野放しのままになってしまう。現行法令では、ヘイトスピーチの被害に対応しきれない」と語った。

会ではこの他にも、ヘイトスピーチ対策法が直接の対象に定めている外国人らだけではなく、被差別部落出身者や障害者などへのヘイトや差別が蔓延していることも問題視する声もあがった。

採択されたアピール文では「実際の取り組みはきわめて不十分」「ネットでのヘイトスピーチが改善される様子はまったく見えません」として、政府や地方自治体に法整備やモニタリングの実施などを求めた。


なんで外人の権利ばかりを守るんでしょうか?

まず最初に日本国民の権利の侵害を行ってる外人を始末することの方が最重要では無いでしょうか?

外人からの日本国民へのヘイトスピーチが野放しで、外人の権利ばかり守っていれば、日本国民が怒るのは当然のこと
それを差別だと言い張るのは狂っていると言うほかはないですね

何でこういう異常事態が進んでしまうのでしょうか?
日本人のくせに(?)なんで外人の方を優先するのかさっぱりわからない、理解出来ない
まず国民を守ってこその国であり、行政では無いか?
国民に不利益、害をなす外人は国外へ追放するのが当たり前では無いのか?
実際には国民が迫害されている事実

お手本にしたいドイツは、ドイツ国民が難民に強姦されても、罰せられないキチガイ国家になってますがな


少なくとも平等を言い張るなら、外人へも国民へもヘイトスピーチを許さないという態度をとるべきですね
外人だけが守られるというのは正常な状態ではありません


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00010000-bfj-soci


元記事
Seesaa:「まず法の下の平等を確保するために日本国民へのヘイトスピーチも取り締まるようにしましょう
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-31 21:57 | 反日団体あれこれ

当初の予定通り築地を潰せば良いだけのことなのにね

yahoo:「<豊洲市場>観光拠点「千客万来施設」 都が交渉打ち切りへ

東京都の築地市場(中央区)の移転に伴い、10月に開場する豊洲市場(江東区)に併設予定の観光拠点「千客万来施設」について、都は運営事業者の万葉倶楽部(神奈川県小田原市)との交渉を打ち切る方針を固めた。観光拠点の整備を市場受け入れの条件としている江東区にも既に方針を伝えたという。近く正式決定し、新たな事業者を公募する見通しだ。

 施設は築地のにぎわいを豊洲に継承させる目的で計画。2016年3月に万葉倶楽部が公募で選ばれ、都有地約1ヘクタールに商業施設や温泉付きホテルなどを建設し、今年8月に一部開業することになっていた。

 だが、小池百合子知事が17年6月、築地跡地を「食のテーマパーク」にする構想を掲げたため、同社は「施設が競合して採算が取れなくなる」と反発。構想撤回や建設費抑制などを求めたが、都は応じず平行線となり、整備が遅れていた。

 都が事業継続の可否の回答期限に指定した今月28日には、同社が「現時点では判断できない」との回答書を提出。既に投じた設計費などを都が補償すれば撤退を検討するとの認識を示す一方、都が交渉を打ち切った場合には損害賠償請求などの法的措置をとる可能性も示唆していた。

 10月11日の豊洲開場には直接影響はないが、公募で新たな事業者が決まっても施設開業は20年東京五輪・パラリンピック後にずれ込む見通しだ。


小池のメンツのためだけに
東京都の貴重な財産が無駄に使われ続けるわけですね

豊洲も築地も当初の予定通りにしておけば良かったのに、小池が余計なことをいって引っかき回した後遺症が未だに続いていて、本当にお気の毒様
もちろん、あのとき小池の他にまともに見える候補者がいなかったことも事実なんだけどねぇ
東京都知事に限らないけど、選挙システムの欠陥だよね。立候補者の中から選ぶというのはまともそうに見えて、実はそうじゃないって気がします。立候補者がまともだという保証は一切無いわけで・・・


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180531-00000003-mai-soci


元記事
Seesaa:「当初の予定通り築地を潰せば良いだけのことなのにね
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-31 21:47 | 政治

こんなにつまんないワールドカップも無いなぁ

yahoo:「本田・香川・岡崎は選出か。落選は若手に? 未来が不安な高齢化…W杯メンバーを占う

日本代表は30日にガーナ代表と対戦して0-2で敗れた。ロシアワールドカップに向けた最終メンバー23人発表前の最後の試合だったが、内容は散々。それでも西野朗監督は重要な決断を下さねばならない。果たして夢の舞台に立つ資格を得られる選手、失う選手は誰になるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

本田・香川・岡崎は選出か。落選は若手に? 未来が不安な高齢化…W杯メンバーを占う

●本田らガーナ戦先発組は当確か

 今日31日午後、ロシアワールドカップに臨む日本代表の最終登録メンバー23人が発表される。西野朗新監督体制の初陣だった30日のガーナ戦(日産)は、負傷明けの岡崎慎司(レスター)や香川真司(ドルトムント)らにとってはアピールのラストチャンスだった。

 日本はわずか4日間の練習で3-4-2-1の新システムにチャレンジしたが、8分に槙野智章(浦和)がエマニュエル・ボアテング(レバンテ)をペナルティエリア手前で倒し、トーマス・パーテイ(アトレティコ・マドリー)に直接フリーキックを決められるという最悪のスタートを切った。

 前半はシュート数でガーナを上回ったが、34分の本田圭佑(パチューカ)の決定機が相手GKに防がれるなど日本は決め手を欠いた。

 後半からは香川、武藤嘉紀(マインツ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)といった当落線上にいる面々が次々と出てきてアグレッシブな攻めを仕掛けたが、またも立ち上がりの時間帯に守備のミスが出て、PKを献上してしまう。長谷部誠(フランクフルト)、吉田麻也(サウサンプトン)、川島永嗣(メス)という守備の大黒柱3人が絡んで2点目を奪われた。

 その後、西野監督は岡崎や柴崎岳(ヘタフェ)を投入して3-4-1-2にスイッチ。井手口陽介(クルトゥラス・レオネサ)を送り出した76分以降は4-4-2に変更して反撃に出たが、武藤の決定的なシュートも枠を超えていった。このように終盤はテスト的な色合いが濃くなり、チームの完成度はお世辞にも高いとは言えなかった。ただ、最終メンバー23人の絞り込みを直後に控えた状況ではやむを得ない部分もあっただろう。

 ガーナ戦には17人の選手が出場した。失点に絡んだものの、長谷部や吉田、槙野ら軸を担う面々は問題なく23人のリストに入ると見られる。中盤で攻撃のスイッチを入れていた大島僚太(川崎F)もA代表4試合目でようやくフル出場を果たし、ロシアワールドカップ本番で使えるメドが立った。

 彼と並んで後半途中からボランチを形成した柴崎も好印象を残しており、順当にリストに名を連ねるはず。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代は冷遇されていた本田も当確と言っていい状況だ。

●香川と岡崎に不安。最も落選の可能性が高いのは…

 当落線上と目されていた香川は45分間ピッチに立った。登場から10分間で2本のシュートを立て続けに放ち、酒井高徳に鋭いサイドチェンジを送るなど、予想以上に状態が上向きであることを示した。

 だが、躍動感と推進力が前面に出たのはこの時間帯だけで、勢いが持続しなかった。一方の岡崎も31分間のプレー機会を得たが、左足首の状態はまだ不安定。好調時のパフォーマンスとはかけ離れた印象を残した。

 彼ら2人同様、公式戦から遠ざかっていた井手口も物足りなさを感じさせた。ミスパスからピンチを招いた82分の場面などで実戦感覚の不足が如実に出た。この現状を西野監督はどう捉えたのか。20日後の初戦・コロンビア戦(サランスク)までに本調子を取り戻せるという判断ならメンバー入りするだろうが、未知数の部分も少なくない。

 ただ、香川と岡崎、井手口の3人にはワールドカップアジア最終予選での貢献度の高さという強みがある。実績と経験を重んじる指揮官だけに、彼らに対して落選という重大決断は下せないのではないか。

 そうなると落選候補は、ガーナ戦でチーム最多3本のシュートを放ちながら決めきれなかった武藤と、出番のなかった遠藤航(浦和)、昌子源、植田直通、三竿健斗(いずれも鹿島)、酒井宏樹(マルセイユ)、乾貴士(エイバル)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)の合計8人のいずれかということになる。

 ここまでの練習を見ると、一番苦しいのが三竿だろう。ゲーム形式の練習でサブ組にも入れないことが多く、ロシア行きの道は険しい。次にピンチなのが右太もも前打撲が完治していない乾。西野監督は卓越したドリブル突破力を備えた彼を高く買っていたが、ガーナ戦に間に合わなかったことで23人のメンバーに残すかどうかの判断を迫られることになった。

 ただ、ジョーカーにもなり得る乾を選外にするのは攻撃のバリエーションが減ることにもつながる。浅野に関しても同様で、矢のように相手背後に突き進めるスピードを持つ選手は彼しかいない。今年に入って一度も公式戦に出ておらず、ガーナ戦でも試されなかったため、状況は相当厳しいが、外すのは乾と浅野のどちらか1人になるだろう。

●好調の武藤を外すか、それとも…

 最後の3人目は武藤か、それともDF陣の1人ということになる。西野ジャパンが3バックと4バックを併用する見通しとなったため、DF陣は人数的に現状維持となる可能性が高いと見られていた。しかし、遠藤、昌子、植田うち1人は削っても問題ないという判断はできる。

 ボランチを含めて多彩なポジションでプレーできる遠藤、対人守備や競り合いに強い植田はセネガル戦(エカテリンブルク)などで使い道があると考えられるため、外すとしたら昌子になってしまう。ただ、アジア最終予選では昌子も槙野としのぎを削り、昨年8月のオーストラリア戦(埼玉)ではスタメンの座をつかんだ実績もあるだけに選外にするのは容易ではない。

 DF陣を絞れない場合、最後の選択肢は武藤になってしまう。武藤も決して調子は悪くないし、むしろ岡崎よりもいいパフォーマンスを見せているのだが、ガーナ戦で得点できなかった現実が重くのしかかる。「決めていないんで、与えられたチャンスを生かせてないと思います」と本人も神妙な面持ちで語っていただけに、指揮官の決断を待つしかない状況だ。

 いずれせよ、最後に外れる3人は代表で実績の少ない若い選手中心になりそうだ。ガーナ戦のスタメン平均年齢は29.5歳で、若手3人を外してしまったらチーム全体の高齢化はさらに進む。ベテランで勝負を賭け、惨敗してしまったら、未来の日本代表に残されるものはない。

 目先の勝負だけに集中しなければならない西野監督や日本サッカー協会にはそこまでの余裕はないのかもしれないが、次世代にも何らかの財産が残るようなメンバー構成になれば理想的だ。そんな願いを託しつつ、運命の瞬間を待ちたい。


こんなにワクワクしない選出メンバーもないなぁ
次のワールドカップのメンバーに期待することにします

そりゃ日本代表だもの、がんばって欲しいけど、それ以上の気分にはなれないですね
本当にがっかり
監督を直前に解任したり、一本筋の通ったものが無く、何を求めているのか?


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00010001-footballc-socc


元記事
Seesaa:「こんなにつまんないワールドカップも無いなぁ
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-31 21:40 | スポーツ

身勝手なタクシー代わりじゃ無いんだし>妊婦さんの救急車利用は問題なしとすべきでは?

yahoo:「妊婦さんは救急車・タクシーを呼んでいいの? 消防庁・医師・タクシー会社の見解は

あるTwitterユーザーが陣痛妊婦が救急車を利用することを「不正利用」だと問題視したことをきっかけに、医療関係者などを中心に、大きな議論が起きた。

妊婦さんが陣痛時に救急車を利用することは「不正」なのだろうか。そもそも、妊婦さんは陣痛時にどのように病院まで移動すればいいのだろうか。

BuzzFeed Japan Medicalは総務省消防庁・産婦人科医師・タクシー会社に話を聞いた。【BuzzFeed Japan Medical / 朽木誠一郎】
「出産のためだからダメということはない」

妊婦が出産のため、陣痛・破水時に救急車を利用することについて、所管官庁の総務省消防庁はどのような見解なのか。

総務省消防庁の広報担当者は、「要請理由のうち、“出産のため”“陣痛・破水時”といった属性で、救急搬送が適正であるか否かを判断することはありません」と回答する。

「救急車はあくまでも、本人や周囲が“緊急である”と判断して出動を要請するものです」

「もちろん“問題なく歩いて病院に行けるけれど、救急車の方がラクだから”など、明らかに故意である場合はもちろん適正利用とはいえませんが、専門家以外には緊急度の判断がつけられない以上、陣痛・出産のためだから呼んではいけない、ということはありません」

ただし、適正利用とはいえない救急車の出動要請が問題になっているのも事実だ。

広報担当者は「何が適正で、何が適正でないかの判断はなかなか難しい」とした上で、緊急度を判定する消防庁のアプリ『Q助』や、現在一部自治体(*)で実施されている救急安心センター事業「#7119」への電話相談をすすめる。

*実施自治体は宮城県・埼玉県・東京都・新潟県・大阪府・奈良県・福岡県。一部実施しているのが札幌市周辺・横浜市・神戸市・和歌山県田辺市周辺。
「あらかじめかかりつけ医に相談を」

産婦人科医の佐藤ナツさんは、妊婦の救急車利用についての議論の背景に「お母さん(妊婦さん)たちの不安」があることを指摘する。

「特に、初めてのお産ではお母さんの不安も強いものですし、パニックになってしまうこともあるでしょう」

その上で、「お産はお母さんの体の状態も、社会的な事情も、人によって千差万別なので、“お産だから”救急車を呼ぶべきとも呼ぶべきでないとも、一般化したことはいえない」と佐藤さん。

「たとえば、医療機関までの距離が遠い地域で、急に陣痛が来てしまった場合、タクシーでは間に合わないということが十分にあり得ます。そういった場合、救急車を要請してもらうことは不適切とはいえないでしょう」

「他にも、夫が夜勤や長期出張中とか、上の子を一人で家に置いておけないとか、お産ではそのお母さんに合わせた個別の対応が必要です」

そのため、佐藤さんはあらかじめ「かかりつけ医と相談しておくこと」が何よりも重要だとする。

「出産予定の病院の医師であれば、お母さんの状態や事情を踏まえて、陣痛が来たとき、破水が起きたときにどうするか、具体的なアドバイスができます。先ほどの例のように、医療機関までの距離が遠い場合であれば、出産予定日が近づいたら入院してもらう、などです」

通常、妊婦さんは妊婦健診や母親教室などで、陣痛が来たら、破水が起きたらどうするかについて学ぶ。

医療者とのコミュニケーションが成立していれば、通常は事前に、妊婦を対象としたタクシーの送迎サービスに登録しておいたり、身内に送迎を頼んだり、それぞれに応じた対策を講じられるはずだ。

そのため、「妊婦さんが不適切に救急車を利用する、といったことが問題になることはほとんどない」と佐藤さん。

「胎動がない、大量に出血しているなど、明らかな異変があれば、救急車を呼んでくださいというのは、私もお伝えすることです」

しかし、他の手段があり、救急車を呼ぶ必要がないのであれば「本当に必要な人のために、なるべく救急車を使わないようにするべきだというのも事実」と佐藤さんは強調する。

「お母さんたちの不安が前提にあり、対応は個別的にならざるを得ない。だからこそ、重要なのは医療者とのコミュニケーションです」

「陣痛でタクシー依頼は一般的」

病院への移動手段として、他に思い浮かぶのはタクシーだ。出産のためにタクシーを使うことについて、タクシー会社はどう考えているのか。

業界大手の日本交通株式会社の広報担当者は「一般論として、陣痛でタクシーを利用するのは一般的」と答える。

「私どもは2012年から『陣痛タクシー』として、陣痛時の妊婦さま対象のサービスを提供していますが、実はそれ以前から同様に妊婦さまの病院への移送はしておりますし、公式ホームページにも妊婦さまの利用に問題がないことを明記しておりました」

「しかし、“わかりにくい”といった声もいただいておりましたため、あらためてサービス化したのが『陣痛タクシー』ということになります。いずれにせよ、タクシー会社として特別なサービスというわけではありませんし、もちろん妊婦さまのご利用を拒否するようなことはありません」

2018年4月までに同サービスには累計16万7000人の妊婦さんが登録。乗車件数は累計5万台を超える。直近1年では1万5000人が利用した。

同社では所属ドライバーが入社時に妊婦さんが乗車したときのための講習を受けるために、約4500台の同社所属のすべてのタクシーは原則としてすべて、妊婦さんの移送に対応できる。

「『陣痛タクシー』利用者の妊婦さまにも、陣痛が来たときは、まずかかりつけの病院に連絡していただき、指示を仰いでいただいています。救急車の必要がない場合、弊社のタクシーがお迎えにあがる、という流れです」

気になる人もいるのが、万が一、シートを汚してしまったら賠償しなければならないのか、ということだろう。

「もちろん、(飲酒などで)悪質な形でシートを汚した場合、賠償ということもあり得ますが、出産に関しては、シートが汚れてしまっても、弊社ではクリーニング代を請求するようなことはございません」

「車内出産は過去にも例があります。そんなとき、妊婦さまのサポートをしたドライバーの衣服が汚れることはありますが、みな一様に貴重な経験をさせていただいた、というポジティブな感想でした」

すべてのタクシー会社、すべてのドライバーが妊婦さんに対して好意的とは限らない。だが、「弊社のような取り組みをするタクシー会社は、都内では私たちが初でしたが、今では複数あります」と同広報担当者。

「まずはお住まいの地域でこのような取り組みをしているタクシー会社があるか、お調べになってみてはいかがでしょうか」


日本として少子化対策を進めなければいけない以上
こういうことは最優先で妊婦さんが安心して出産出来る状況を作るという意味でも
救急車の利用を推奨しても良いと思うし、タクシーを利用した際の何らかのトラブルについても行政が対応する形を作っても良いんじゃ無いかなぁと思いますね

とにかく重要なことは、少子化を解消すること
そのためには妊娠出産する立場の人を最優先で守ることじゃないのかな?
そう思いますね

ただし、いわゆる妊婦様とかよばれるような非常識な行為までは認めることは無いとも思いますが
良識の範囲内で、出産しやすい状況を作ることが大事であって
非常識な行為まで保証することじゃないです


さておき、
妊娠中は二つ(それ以上の場合も)の命を守ることが求められるわけですし
核家族化が進むなど、妊娠時の不安について、安心して相談する相手も少なくなってる現状では
理解出来ないまま緊急事態って事もあるんじゃ無いでしょうか?
なのでとにかく急いで病院に行かなければならなくなるため、救急車利用はやめないことじゃないのかな?

ホントなら夫の人も妻の出産に対応出来るように勤め先も柔軟に対応出来るようにして欲しいところではありますね

少子化対策しなければいけないのに、妊娠世帯に厳しいまんまってのは無茶言うようなぁと思います
国が率先してそういう世帯を守る施策を実行してほしいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00010011-bfj-soci


元記事
Seesaa:「身勝手なタクシー代わりじゃ無いんだし>妊婦さんの救急車利用は問題なしとすべきでは?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-30 20:47 | 身近なニュース

国会議員が迷惑行為を働いたらダメでしょう>加計学園へ嫌がらせのアポ無し訪問

yahoo:「野党議員が加計学園を訪問 理事長と面会できず質問状

加計(かけ)学園の獣医学部新設をめぐり、立憲民主党と国民民主党の衆院議員3人が30日午前、岡山市の同学園を訪れ、加計孝太郎理事長との面会と事実関係の説明を求めた。学園側は面会の要請を受け入れなかった。

 学園を訪問したのは、立憲の武内則男、村上史好、国民の今井雅人の3議員。愛媛県文書に記載されていた2015年2月の安倍晋三首相と加計理事長との面会について、事実関係を否定した学園側に面会と説明を求めた。学園の正門前でやりとりが続いたが、担当者は「理事長はいない」などと面会や説明に応じなかった。3議員は事実関係を否定した理由の説明や国会招致に応じることなどを求める公開質問状を手渡し、6月4日までの回答を求めた。

 今井氏は「真相究明には当事者の話をしっかり聞くことが一番大事だ」と記者団に述べ、改めて加計理事長らの国会招致を求めた。(河合達郎)


マスゴミには事前に通告出来るのに
何で本来の訪問先に通知出来ないんでしょうかね?

国会議員以前に、いい年した大人が、相手にきちんと事前に連絡するという最低限のマナーが守れないことがクズ過ぎるでしょ?
で、門前払いを食らったという構図にしちゃうんですよね、ホントさいてー


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00000035-asahi-pol


元記事
Seesaa:「国会議員が迷惑行為を働いたらダメでしょう>加計学園へ嫌がらせのアポ無し訪問
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-30 20:33 | 政治

共生の強要は迷惑でしょ>事実上の移民大国だとか

Yahoo:「「移民流入」日本4位に 15年39万人、5年で12万人増 支援策の充実急務

人口減と少子高齢化による人手不足を背景に、日本で働く外国人が増え続ける中、経済協力開発機構(OECD)加盟35カ国の最新(2015年)の外国人移住者統計で、日本への流入者は前年比約5万5千人増の約39万人となり、前年の5位から韓国を抜いて4位に上昇した。OECDの国際移住データベースから判明。日本が事実上の「移民大国」であることが浮き彫りになった。日本語教育の推進など定住外国人の支援策が急がれる。

 国際移住データベースは、世界約200の出身国・地域別に1年間のOECD加盟35カ国への外国人移住者を集計している。日本への移住者は「有効なビザを保有し、90日以上在留予定の外国人」を計上しているという。
求められる共生政策の充実

 15年のトップ10は(1)ドイツ(約201万6千人)(2)米国(約105万1千人)(3)英国(47万9千人)(4)日本(約39万1千人)(5)韓国(約37万3千人)(6)スペイン(約29万1千人)(7)カナダ(約27万2千人)(8)フランス(約25万3千人)(9)イタリア(約25万人)(10)オーストラリア(約22万4千人)-となっている。

 日本は10、11年の7位から12~14年に5位、15年は4位と徐々に上昇。外国人流入者は5年間で約12万人増えた。15年の日本への移住者のうち、国・地域別で1万人を超えたのは、多い順に中国▽ベトナム▽フィリピン▽韓国▽米国▽タイ▽インドネシア▽ネパール▽台湾-だった。

 政府はこれまで、建前上は労働移民の存在を認めてこなかった。現実には途上国からの留学生を含めた外国人労働者が欠かせない存在となっており、生活者として受け入れて支援する共生政策の充実が求められている。


外人が増えた分、国民の生活環境が悪化しているということを忘れたらダメだと思う
外人の受け入れはダメに決まってるし
国民の数を増やさなければ、受け入れを止めない限り国を乗っ取られるわけです
共生なんてあり得ない
共生はそのまま外人による国の乗っ取りに過ぎない

まず国民生活の安心安全が確保されなければダメ
外人はしょせん外人に過ぎない
当然帰化も安易に認めたらダメでしょう

本当に困った現状だと思います
江戸時代が力を持った商人の力でおかしくなったように
現代日本も経営者連中によって国がおかしくなってるように感じます


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180530-00010004-nishinpc-soci


元記事
Seesaa:「共生の強要は迷惑でしょ>事実上の移民大国
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-30 20:27 | 政治

連盟はまともでしたね>日大はどう判断するかな?

yahoo:「日大・内田前監督、井上コーチを「除名」処分 永久追放に相当

日大アメリカンフットボール部の守備選手による悪質なタックル問題で、関東学生連盟が29日に臨時理事会を開いた。日大の内田正人前監督(62)と井上奨(つとむ)前コーチ(30)について、永久追放に相当する「除名」処分にしたことが分かった。

 関東学連の理事会は日本協会の国吉誠会長や清水裕司専務理事ら学連所属の各大学関係者で構成される。罰則規定には重い処分から(1)除名(2)資格剥奪(3)団体活動の一時的または無期限停止(4)公式試合の出場停止――などがある。

 この問題を調査していた関東学連の規律委員会は反則をした宮川泰介選手(20)や内田前監督ら指導陣に聞き取り調査を実施。宮川選手は指導陣の指示に従って危険なタックルをしたと話したが、内田、井上両氏は反則指示を否定していた。


スケートとか水泳とかサッカーの連盟とか、おかしな団体が結構あるけど
アメフトは常識的な判断が出来て良かったです

ただ、やはり日本大学(日大)自体が、自浄作用を示さないと意味はありませんね
日本大学から除名しなければ無意味でしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000146-spnannex-spo


元記事
Seesaa:「連盟はまともでしたね>日大はどう判断するかな?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-29 21:10 | スポーツ

高齢者の免許返上と引き換えに必要最低限の移動手段の確保を行うべきでしょう

yahoo:「高齢運転死亡事故、増加傾向=85歳以上は4倍―警察庁

神奈川県茅ケ崎市で4人が死傷した事故で、車を運転していたのは90歳の女性だった。

 政府は認知症対策の強化など高齢運転者の事故対策を進めているが、昨年の80歳以上による死亡事故は235件と前年からわずかに減ったものの、全体の7.2%を占め、増加傾向は依然続いている。

 警察庁によると、昨年の死亡事故について、ドライバーの年齢層別に免許保有者10万人当たりの件数を調べたところ、75歳未満の平均が3.7件だったのに対し、75~79歳は5.7件で約1.5倍、80~84歳は9.2件と約2.5倍だった。85歳以上は14.6件で、4倍近くに達した。

 政府は昨年、80歳以上のドライバーによる事故の死者数を2020年までに200人以下とする数値目標を設定。警察庁も80歳以上の実車試験の導入などを検討しているほか、高齢運転者に対する運転適性相談の強化や、運転免許証を自主返納しやすい環境整備を推進している。

 今年1~4月の80歳以上の免許の自主返納は、過去最多だった昨年の同時期から約7000人増え、6万3696人(暫定値)に上っている。


憲法に「健康で文化的な最低限度の生活」をうたっているわけですから
免許証の返上を求めるなら、引き換えに必要最低限の移動手段を提供しないといけないんじゃ無いかなって思います
少なくとも生活用品を買うとか通院のためとか、などには行政が交通手段を提供したら良いんじゃ無いのかなぁ
そうで無ければ、免許を安心して返納出来ないと思います
もちろん居住地の状況、公共交通手段の運行状況も絡んでくるとは思いますけども

むちゃくちゃ言えば、ある一定の年齢になったら自宅を引き払って貰って、集合住宅に写って貰ったら良いのかなと思わなくも無い
その周辺(徒歩で移動出来る範囲)に医療機関、日常生活用品を確保出来る店舗があるような環境を整えられたらなと思いますね
コンパクトな町作りができたらいいなとかね

車で移動することを前提にしたショッピングモールのせいで近所の商店街が潰れたりしている状況で
高齢者に車を捨てて生活するのを強要するのはあまりに気の毒です

そういう町作りをしちゃった行政にも責任もあるとおもいますよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000011-jij-soci


元記事
Seesaa:「高齢者の免許返上と引き換えに必要最低限の移動手段の確保を行うべきでしょう
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-29 21:03 | 身近なニュース

警官の発砲、どこに問題が?>それよりも警察官の心のケアを行うべき

yahoo:「やむを得ず5発発砲か=刃物男、警告無視し襲う―熊本県警

熊本市東区で、男性と警察官を切り付けた男(36)がこの警察官に拳銃で撃たれ死亡した事件で、発砲した男性巡査長(40)は男に馬乗りされて顔を複数回切られ、制止するためやむを得ず5発発砲したとみられることが29日、熊本県警への取材で分かった。
 
 巡査長は、顔に3カ所の切創があり重傷だが、命に別条はない。警告した直後、男に押し倒されており、県警は「生命に危険が及んだ状況」と判断。巡査長の回復を待って事情を聴き、適正な拳銃使用だったか詳しく調べる。

 県警は同日、巡査長が発砲した5発のうち、見つかっていない銃弾の捜索を現場付近で実施した。

 熊本東署によると、男は28日午後4時半ごろ、同区新南部の駐車場で、口論となった男性(65)の頬に切り付けて軽傷を負わせた。さらに、騒ぎを聞いて駆け寄った30代男性を約400メートル離れた消防署出張所まで追い掛けた。消防署の通報で熊本東署員2人が駆け付けると、男は2人のうち巡査長の方に包丁を持って走って来た。

 巡査長は「撃つぞ」と警告したが、威嚇発砲する間もなく押し倒され、顔を何度も切り付けられた。巡査長はこの過程で拳銃を5発発射し、3発が男の胴体、1発が右上腕に命中。男は搬送先の病院で、約1時間後に死亡が確認された。

 もう1人の警察官は無線連絡をしており、発砲の様子を見ていなかった。

 目撃者によると、男は白いTシャツに黒いズボン姿で、警察官ともみ合い、20~30秒後にパンパンという銃声が連続して聞こえたという。


なんの落ち度も無い人を問答無用で殺したわけでも無く
刃物を持って暴れているキチガイに襲われて、やむ得ず発砲したのだから
むしろ治安を守るためによく頑張ったとほめるべきではないのか?

また図らずも人を死なせてしまったことに、発砲した警察官が必要以上に心を痛めないようにケアを行うべきでしょう
マスゴミは余計な騒ぎを起こしてはいけない


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180529-00000004-jij-soci


元記事
Seesaa:「警官の発砲、どこに問題が?>それよりも警察官の心のケアを行うべき
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-29 20:52 | ニュース

外人のことまで責任をとる必要なし>その分国民に投資すべきだ

yahoo:「外国人の日本語教育「国に責務」 推進基本法案に初明記へ 労働者受け入れ環境を整備

超党派の国会議員連盟が議員立法での制定を目指す「日本語教育推進基本法」(仮称)の要綱が27日、明らかになった。国内で生活する外国人への日本語教育は「喫緊の課題」であるとし、国と地方自治体に、施策を策定し実施する責務があると初めて明記した。政府は、外国人労働者の大幅な受け入れ拡大を検討しており、日本語教育の推進によって受け入れ環境を整える。29日の議連会合に要綱を示した上で条文化し、今国会での法案提出、成立を図る。

 2017年末の在留外国人は約256万人で過去最多。増加が続く一方で、日本語が不自由なために孤立したり、仕事や生活上の支障を抱えたりしているケースも多い。

 要綱は、日本語教育の意義を「多様な文化を尊重した活力ある共生社会の実現に資する」と強調。希望する全ての人に日本語教育の機会を確保することを基本理念とし、日本語教育を効果的に推進するための基本方針の策定を政府に求めている。地方自治体には、国との役割分担を踏まえた施策を責務としている。

 日本語教育を充実させる対象として、外国人の児童生徒▽外国人就労者▽技能実習生▽難民-などを挙げた。国は、日本語教育の質の保証を図るため、日本語教師の養成や資格の整備、教育課程や教材の開発などの施策を講じる。

 また、所管省庁があいまいな現状を改善するため、文部科学省や外務省など関係省庁の調整を図る「日本語教育推進協議会」を政府が設置。関係省庁は、有識者などでつくる「日本語教育推進専門家会議」の意見を聴くとしている。

 日本語学校などに行政のチェックが行き届いていない問題に関しては、教育水準向上のための評価制度などの整備を検討するよう国に求める。

 このほか、海外での日本語教育の水準向上のため、国は外国人教員の育成支援に努めるものとした。

 議連は「日本語教育推進議員連盟」(会長・河村建夫元官房長官)。与野党の国会議員約50人が2016年11月に発足させた。


国会議員が国民生活の安心安全に背くようなマネをしちゃダメでしょ
外人の労働者を受け入れというのは、国民生活をさらに貧しくするだけですから、迷惑千万ですよ
止めてほしいですね
さらに治安悪化に繋がりますし、入れて貰っては困ります

むやみやたらと外人に投資するよりかは、きちんと教育を受けた一定レベル以上以外は受け入れないと、入国に制限すべきです
でなければ、国民が困るだけなんですよね

外人の受け入れで国内情勢がダメになっていく欧州を見ていても、それでも受け入れたがるとか、頭が無いのですかね?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180528-00010004-nishinpc-soci


元記事
Seesaa:「外人のことまで責任をとる必要なし>その分国民に投資すべきだ
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-28 20:41 | 政治

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE