人気ブログランキング |

カテゴリ:異常なこと( 163 )

 

競技がデタラメになる

”Share News Japan”:「【本当にフェア?】女性に性転換した元・男性選手が女子陸上大会で大差をつけ優勝! → 運営側「トランスジェンダーだから有利という医学的証拠ない」

▼記事によると…

・先月25日に米テキサス州で行われた全米大学選手権「NCAA 2019」にて、シーシー・テルファー選手が400mハードル走で優勝。彼女は以前は男性として活躍する陸上競技選手でした。

性転換した男性が女性向け競技に出るのはフェアか、と物議を醸しています。

男性として生まれたシーシー・テルファー選手は、去年までは男性選手として陸上競技に参加。

しかし記録は振るわず、アスリート上位200圏外。2018年1月にバーモント州で行われた陸上大会(男子400m走)では、9人中8位という結果でした。

しかしその後にテルファー選手は性別適合手術を受け、女性アスリートとして大会に参加するように。そしてNCAAでは優勝を果たします。彼女のタイムは57.53秒。59.21秒でゴールした2位の女性選手には1秒以上もの大差をつけ勝利したことになります。

・オーストラリアの女性トップアスリートTamsyn Manouさんも「アンフェア」と言及。「女性と競う男性はあまりに有利すぎる。社会的な性別の問題ではなく、生物学的な性別を理解することが重要」と述べています。

しかしNCAA運営側は「(トランスジェンダーだから)有利だという医学的証拠はない」と反論しています。

2019年06月04日
http://yurukuyaru.com/archives/80037883.html

トランスジェンダー
トランスジェンダーとは、一般に 生まれたときからもっているとされる、伝統的に社会で認識されている役割と同様の規範的な性役割に収まらない傾向を含む、あらゆる個人および行動、グループに当てられる一般用語である。
トランスジェンダー - Wikipedia


こんなことが認められるなら、他のまともな女性アスリートはドーピングしても良いと思いますよ
そうでなければ競技の公平性がまるで無い

とにもかくにも
元々男性の身体なのですから女性に勝てるのは当然では無いかと思いますね
男性と女性、生き物としてまるで違う存在
同じであると考えるのはバカだと思います

性転換といっても、性器の有無くらいでしょ?
脳の構造から筋肉の付き方とか、そういうことまで改造したわけじゃ無いんだから不平等
それ以外の何ものでも無い

とにかく肉体の構造が違うんだから、同じ競技をしたらおかしいでしょう



これは健常者と障害者についても同じ
同じ条件で競技が出来ないのに、行うのは著しく不平等
やってはいけないと考えます


元記事
Seesaa:「競技がデタラメになる
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2019-06-06 20:48 | 異常なこと

引き取る人がいれば殺処分は無いでしょ?>文句だけ言って引き取らない連中がおかしい

Yahoo:「奄美大島「世界遺産」ほしさに猫3000匹殺処分計画【全文公開】

豊かな森が魅力の奄美大島。ここで始まった「ノネコ管理計画」は、希少動物を守るため、森に棲む猫の“完全排除”を目指している。だが、実態を取材すると、計画の根拠は杜撰な調査に基づいており、さらに世界遺産登録を目論む自治体、環境省の思惑も見えてきた。

以下非公開のためなし

野猫を放置して原生動物が猫によって虐殺される方が問題だと思いませんか?

猫を持ち込んだ人間がひとえに悪いわけですが
きちんと家猫としてきちんと飼っていれば問題なかった
外へ逃げて野生化しなければここまでの問題にならなかったかもねー

その猫によって希少動物が殺害されることが問題なわけで
その猫たちが捕獲され、誰かの手で飼われるようになれば殺処分されることも無いんだけど
猫の殺処分に反対の署名をした人たちで引き取ると手を上げた人はいるんでしょうか?
いなければ殺処分もやむなしじゃないですか?
また奄美大島に戻すわけにもいかないですし、どうしようもないでしょうねぇ

まずは希少動物の保護の方が優先ですし、猫を放置して、絶滅させるわけにはいかないでしょ?
優先度を考えればどうしようもなかろうて
殺すなというなら、引き取って飼えって思います

”動物愛誤”には困ったものですねー


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190418-10000702-bunshuns-soci


元記事
Seesaa:「引き取る人がいれば殺処分は無いでしょ?>文句だけ言って引き取らない連中がおかしい
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2019-04-23 20:41 | 異常なこと

多様性の尊重というか心の病をこじらせた連中を認めるとかなんか変

Yahoo:「LGBT法案骨子を自民委が了承 参院選にらみ多様性尊重アピール

自民党の性的指向・性自認に関する特命委員会(古屋圭司委員長)は28日、党本部で会合を開き、性的少数者(LGBT)への理解拡大を図る法案の骨子を示し、了承された。党内手続きを進め議員立法での今国会提出を目指す。参院選をにらみ、多様性を尊重する党の姿勢をアピールしたい考えだ。

 古屋氏は会合後、記者団に「まずは理解増進が重要だ。選挙の年なので、党の考え方をはっきり示す必要がある」と述べた。ただ党内には伝統的家族観を重んじる議員を中心に抵抗感も根強い。

 法案骨子は、性的指向・性同一性の多様性に寛容な社会の実現に資することが目的と明記している。


そんなことより、現実を受け入れられないという病を負った連中の治療法の発見を急ぐべきじゃ無いか?
精神科医に研究を進めさせるべきではなかろうか?

持って生まれた肉体を受け入れられないとか異常すぎでしょう?
改造手術をしたところで、いずれの性であっても、生殖能力を持てないという時点で性を変えるというのは無茶なことだと知るべき

人は神にはなり得ないんだし、なってはいけない
素直に持って生まれた性を受け入れるべきだ
そのためには心の修正が必要でしょう
心がゆがんでいるから駄目なんだと思う


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190328-00000080-kyodonews-pol


元記事
Seesaa:「多様性の尊重というか心の病をこじらせた連中を認めるとかなんか変
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2019-03-28 19:59 | 異常なこと

心の性とか言うあやふやなものは信用出来ません

Yahoo:「男性でも女性でもない第3の性「X」という生き方

LGBT=性的少数者の権利を守る施策を積極的に取り入れるカナダで、「男性」でも「女性」でもない第3の性「X」という生き方を認められたひとりの活動家が来日しました。これまでどう生きてきて、日本で何を思ったのか、取材しました。

 カナダ人のジェンマ・ヒッキーさん(42)。 ジェンマさんは「男性」や「女性」といった明確な区分をしない「ノンバイナリー(Non-Binary)」を自認していますが、身体的には「女性」として生まれました。

 「私は自分を『男性』や『女性』とは認識していません。私は『男女』の中間にいて、それがしっくりくるんです」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 物心がついたころから女の子の服を着ることなどに強い抵抗があったというジェンマさん。10代の頃には自分の性への違和感について誰にも話せず、自殺を試みたこともありました。

 「男性」とも「女性」とも感じることができない葛藤が続く中、祖母から言われたこの一言が今も心に残っていると言います。

 「(祖母に)男性か女性かどちらになりたいか分からないと伝えたとき、“ジェンマ”のままでいなさいと言ってくれたんです」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 ジェンマさんは今、第3の性別である「X」を認められています。これはジェンマさんの運転免許証。通常、カナダの免許証には男性は「M」女性は「F」と記載されますが、第3の性である「X」が記されています。

 この印は、ジェンマさんがもうひとつの性別の存在を求めつづけ、2017年に地元州政府が認めたものです。

 「『X』の出生証明書をもらったのは(カナダで)私が最初じゃないかな」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 今、カナダではパスポートなど国が発行するものでも「X」の記載が可能になっています。

 先月、ジェンマさんの来日にあわせ、生い立ちなどを記録した映画の上映会が行われました。
 「私は“ジェンマ”という性別なんです」(「Just Be Gemma」より)

 映画では、ジェンマさんが「ノンバイナリー」として人生を前向きに変化させていく姿が描かれています。
 「(セクシャルマイノリティーに関して) 知識があるほうだと思っていましたが、ノンバイナリーという言葉になじみがなかった」(映画を見た人)
 「自分じゃない人に対する理解をいろんな角度から深めていきたい」(映画を見た人)

 日本滞在中、LGBTの当事者らや活動家たちとも交流を深めたジェンマさん。日本のLGBTを取り巻く環境に改善点はあるのでしょうか?

 「同性婚も法制化されていない日本では、たくさんの不満が感じられた。日本では私のような人たちは、無視されているようだった」(ジェンマ・ヒッキーさん)

 数々の苦悩を乗り越えてきたジェンマさん。「性別に関係なく、私たちはみんな人間なんだということを忘れないでほしい」と力強く話していました。


どう考えても持って生まれた肉体で判断するしかないと思うんだけど
心がどうとか言っても、それを立証する手段はないわけで
いくらでも嘘をつくことが出来ることを踏まえれば、信用出来ないというのが普通の反応ではないかと

心の性がどうこう言うのは、心がゆがんでいるだけなので、精神科医などの治療を受け素直に肉体を受け入れられるようにすべきでしょう
ただのアブノーマル異常状態でしかないですね


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190324-00000039-jnn-int


元記事
Seesaa:「心の性とか言うあやふやなものは信用出来ません
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2019-03-25 20:28 | 異常なこと

性転換して女子大会出場>これは卑怯だ

Yahoo:「性転換の元男子代表が女子で2度目世界選手権切符

<女子ハンドボール:アジア選手権>◇順位決定戦◇8日◇熊本県立総合体育館

男子から女子へ-、オーストラリア代表のハンナ・マウンシー(29)が「2度目」の世界選手権切符を手にした。オーストラリアは5位決定戦でイランに30-24と快勝し、来年11月の世界選手権(熊本)出場権を獲得した。マウンシーが来年再び熊本のコートに立てば、15年性転換前の13年男子大会に続く男女での世界選手権出場。周囲の雑音を封じるように「男でも女でも、やるのはハンドボール」と笑顔で言い切った。

   ◇   ◇   ◇

試合終了の瞬間、マウンシーは両手で顔を覆った。189センチ、99キロ、歓喜の輪の中で頭一つ飛び出す。それでも次々と仲間とハイタッチし、世界選手権出場を喜んだ。「素晴らしい。苦しかったけれど、今は最高にハッピー」。高さのあるポストプレーで3得点、守備でも強さを見せた。声は太く、笑い方も豪快。それでも、時折女性らしい柔らかな表情もみせた。

代表デビューは22歳の12年6月、世界選手権予選ニュージーランド戦だった。ポストプレーヤーとして13年世界選手権に出場し、16年リオデジャネイロオリンピック(五輪)は予選敗退。男子として戦いながらも心は女性だった。性同一性障害に悩み「女性として生きたい」と思い続けた。リオ五輪予選後に性転換し、今度は「女子で世界に」の夢ができた。

今大会直前、女子代表入りした。11月30日のカザフスタン戦で「2度目」の代表デビュー。よほどうれしかったのだろう。29日の練習では会場に流れる「ダンシング・クイーン」の曲で踊る動画を自身のツイッターに載せた。1次リーグを3位で終えると「あと2勝して世界選手権に行く」と誓いのツイートもした。

「チームメートは、みんなよくしてくれる。最高の仲間たち」とマウンシー。ただ、身体接触のある競技だけに、難しい面もある。イラン選手は「人前で男性と肌を合わせられない」と対戦を渋ったというし、国際ハンドボール連盟(IHF)も「大会後にリポートを出す」としている。本人や周囲も神経質で、日本戦後は沈黙を貫いていた。

それでも、アリー監督は「彼女は貴重な選手。すごくよかった」、同国協会のボイド会長も「もちろん、来年の世界選手権も一緒に戦ってもらう」。試合後にはマウンシーがロッカールームの歓喜を動画でツイート。さらに「女子代表」の一員として溶け込んだ喜びから避けていたミックスゾーンで喜びを口にした。

女子での世界選手権出場という夢の次には、男子で逃した五輪がある。「目の前の大会はすべて勝ちたい。東京五輪でプレーしたい」と語気を強めた。「男でも、女でも、関係はない。私はハンドボールをするだけ」。興味本位の扱われ方や言われない偏見、バッシングも増すかもしれない。それでも、そんな苦難を吹き飛ばすように笑った。【荻島弘一】

◆ハンナ・マウンシー 1989年10月21日、シドニー生まれ。サッカー、オーストラリアンフットボールなどでも活躍し、09年にキャンベラ・ハンドボールクラブ入り。12年6月の世界選手権予選で男子代表デビューし、翌13年の世界選手権スペイン大会に出場。15年のリオデジャネイロ五輪予選後に性別を変更し、女子としてオーストラリアンフットボール、ハンドボールで活躍する。189センチ、99キロ。

◆ハンドボール女子世界選手権 1957年に第1回が行われ、現在は2年に1回開催。19年大会は11月30日~12月15日に熊本で24カ国が参加する。開催国の日本、前回優勝フランス、中南米からブラジルとアルゼンチン、アジア選手権で日本を除く上位3カ国(韓国、中国、カザフスタン)が出場決定。オセアニア予選はアジア選手権で行われ5位以内なら出場決定、6位以下なら出場枠が他地域に回った。優勝で20年東京五輪出場権が与えられる。

◆国際オリンピック委員会(IOC)は14年にオリンピック憲章を改訂し、LGBTなど性的少数者への差別撤廃を明記。性的指向による差別が禁止された。米CNNが人権団体の調べで16年リオ五輪には少なくとも過去最多の41人の性的少数者が出場したと報じるなど、性的指向による差別は少なくなりつつある。

IOCはの04年アテネ大会前に性別適合(性転換)手術を受けたT(トランスジェンダー)に出場資格を与えることを決めた。男子から女子へは「性別適合手術を受けている」「テストステロン(男性ホルモンの一種)が2年間基準値以下である」ことが条件だったが、15年にはこれを緩和。手術の有無を問わず、ホルモン検査の期間も過去1年間に短縮された。


これが卑怯でなければ、何が卑怯だっていうのか?
肉体の男女差はなんだかんだと言って大きいわけで、男の身体のまま女だと言い張って女子競技に出ればそりゃ勝てるでしょう
ずるいというほかはないし、そのことについてなんの違和感も感じてないなら人でなしというほかはないですね

男も女も関係ないっていってる時点でサイテーだわ


こうやってスポーツ界もデタラメになっていくんですね
いっそ機械の身体で競技をすれば良いじゃ無い
人間の身体にこだわる必要は無いでしょ
勝つためなら何をしても良いって事なんだし
下衆の所業だ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181209-00414259-nksports-spo


元記事
Seesaa:「性転換して女子大会出場>これは卑怯だ
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-12-09 20:58 | 異常なこと

こういうのはどうしたら良いんでしょうかね?>ストーカーで逮捕されても理解出来ないのは

Yahoo:「「今でも僕に好意を」元AKB岩田華怜さんにストーカーの男

AKB48の元メンバーで女優の岩田華怜さんへのストーカー行為の罪に問われた男が、裁判で、「岩田さんは、今でも僕に好意を抱いていると思います」と述べた。
大西秀宜被告(43)は2018年4月、AKB48の元メンバー・岩田華怜さんの舞台会場に押しかけるなどした罪に問われ、起訴内容を否認している。
東京地裁で行われた被告人質問で、大西被告は、「岩田さんは、今でも僕に好意を抱いていると思います」と述べた。
また、根拠について、「あだ名をつけてもらったり、ほかのメンバーを紹介してくれた」と答えたうえで、「無罪が証明されたら、またイベントに行きたい」と述べた。


おそらく有罪だろうし、何年かは入ることになればとは思いますけど、執行猶予で野放しになる可能性あり?

接近禁止命令が出ても理解出来るのかな?
無罪にならなくても、刑務所もしくは病院に入れるなどして隔離しない限り、再発するのは間違いないでしょう、こんなことを言っているようでは

法があっても、それを理解出来ない奴には無力だって事がよくわかりますよね
そういう連中はどうしたら良いのか?

社会から抹殺するしかないと思います



それから、テレビに出るくらいの著名人になれば、割と早く警察に対応してもらえそうだけど
そうではない著名人とか一般人へのストーカー被害って、どのくらいの対応をしてもらえるのかしらね?

警察の人員を考えれば、なかなか対処しきれないだろうなとは思いますけど、被害者であることには変わらないのでなんとかならんのですかねぇ?って思います


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20181207-00407215-fnn-soci


元記事
Seesaa:「こういうのはどうしたら良いんでしょうかね?>ストーカーで逮捕されても理解出来ないのは
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-12-09 20:38 | 異常なこと

登場人物も書いたやつもあり得ないほど駄目だよな

yahoo:「不倫相手の子を産んで夫と育てた妻 「夫が泣くところを初めて見た」

不倫相手の子どもを妊娠してしまい、そのことが夫に知られてしまったら…。多くの場合は離婚や中絶といった結末に至るのではないだろうか。

だが、彼女は不倫相手の子どもを出産して、夫と一緒に育てていくことを選んだーー。

女装する小説家・仙田学が「女性の自由と孤独」をテーマに、さまざまな女性にインタビューするこの連載。今回は、不倫相手の子どもを宿したが、夫と共に育ててきたケイコ(48)に話を聞いてみる。

母親であることよりも、女であることを貫いて生きてきたケイコ。2人の息子たちが、それぞれ父親が違うということを知る日はいつか来るのだろうか。

ケイコがそこまで貫き通した、女性としての自由の意味を、彼らが受け止めてくれれば、と私は願う。


自由の意味をはき違えているんじゃ無いのかな
好き勝手やりまくって、周囲に多大な迷惑をかけているのに
自覚できていない、当然反省も無い
ただのキチガイじゃん

それを女の自由をつらい抜いてきたと美談めいて書き散らかしている作者も
十二分に異常だ


こういう外道が増えているのかなぁ
そしたら日本が滅びるしか無いって気にもなります
みっともないから

どのみち外道ばかりになれば社会の維持は無理だし


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20181114-00010001-danro-life


元記事
Seesaa:「登場人物も書いたやつもあり得ないほど駄目だよな
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-11-14 20:23 | 異常なこと

言論弾圧がまかり通る社会になりましたねー

yahoo:「新潮社、「新潮45」の休刊を発表 杉田水脈氏の寄稿文問題で批判

新潮社が9月25日、月刊誌「新潮45」の休刊を公式サイトで発表した。

同誌は、8月号に杉田水脈氏が同性愛者について「生産性がない」と記した寄稿文を掲載、さらに10月号で「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」と題した特集を組んで批判を浴び、社長が9月21日付けで「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」があったと認める声明を出す事態になっていた。

(動画)「そんなにおかしいか『杉田水脈』論文」どんな内容?

新潮社は公式サイトに掲載した「休刊のお知らせ」で、「会社として十分な編集体制を整備しないまま『新潮45』の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました」と宣言した。

また、同誌について、「ここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否め」ないと認め、「その結果、『あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現』(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します」と謝罪した。

お知らせ文は「これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です」と締めくくっている。

新潮社が発表した「休刊のお知らせ」全文は以下の通り。

--

「新潮45」休刊のお知らせ

弊社発行の「新潮45」は1985年の創刊以来、手記、日記、伝記などのノンフィクションや多様なオピニオンを掲載する総合月刊誌として、言論活動を続けてまいりました。

しかしここ数年、部数低迷に直面し、試行錯誤の過程において編集上の無理が生じ、企画の厳密な吟味や十分な原稿チェックがおろそかになっていたことは否めません。その結果、「あまりに常識を逸脱した偏見と認識不足に満ちた表現」(9月21日の社長声明)を掲載してしまいました。このような事態を招いたことについてお詫び致します。

会社として十分な編集体制を整備しないまま「新潮45」の刊行を続けてきたことに対して、深い反省の思いを込めて、このたび休刊を決断しました。

これまでご支援・ご協力いただいた読者や関係者の方々には感謝の気持ちと、申し訳ないという思いしかありません。

今後は社内の編集体制をいま一度見直し、信頼に値する出版活動をしていく所存です。



認めちゃいけなかったね
議論しないで、自ら閉じたのは言論の自由を自ら廃棄したようなもの
もちろんそこに至る前に、酷いことを言ってきた行動してきたキチガイが居て、どうしようも無かったのかもしれないんだけど
少なくとも新潮社の看板への落書きはその一種だと思いますんで、犯罪行為として警察は取り締まるべきですよ
仮に差別的な無いようだったとしても、それに対抗するために何をしても良いって事は無いので
たんなる言論に対して、アレだけの横暴な行為を行ってただで済んだんじゃ世も末ってものですし、言論の自由は亡くなりつつあるって事の証左ですよね

まぁなんにしてもLGBT界隈にうかつなことをいうと社会的に抹殺されるので、近寄らない方が良いという風潮をつくったのは間違いないでしょう

一種の特権階級をつくってしまいましたよね
差別をなくすとかいっておきながら、どこに自由と平等があるのやら


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180925-00010003-huffpost-soci


元記事
Seesaa:「言論弾圧がまかり通る社会になりましたねー
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-09-25 20:30 | 異常なこと

この手の番組のおかげで「感動」って言葉がうさんくさくなった

Yahoo:「みやぞん完走直後から続々 24時間TVに相次いだ揶揄と疑問

「1時間以上遅れてますとか言いつつ、残り何キロなのかも分からない、本当に100キロ走ってるのかも分からない。それなのにエンディングにきっかり間に合うようにゴールってどういうことですか?」

 日本テレビ夏の特番「24時間テレビ」の恒例企画チャリティーマラソンで、お笑いタレントみやぞん(33)が計161.55キロものトライアスロンを完走し、それがニュースとして伝えられた直後のこと。武道館のステージで「感動した」と涙ながらに叫ぶ出演者、いつもの「サライ」大合唱のエンディングといういつもの演出がなされたが、視聴者の反応はステージとは対照的だった。ネットでは冒頭のような書き込みに続き、「感動をあおりたてる、偽善番組」と揶揄するコメントに賛同者が殺到していた。

 今回は日テレがチャリティーランナーはみやぞんと発表し、五輪競技の約3倍の距離に挑ませたことに「何の意味がある?」との疑問の声があがり、番組自体への不快感を書き込んだり、「もうやらなくていい」といった内容のコメントも目立った。

「40回目となった昨年は、身体障害者を登場させて、ことさら感動をあおる演出に対し、障害者やその関係者から批判があがりました。にもかかわらず今回も足や目の不自由な子どもたちを出演させて、同様の企画を繰り返していた。さらに、熱中症で倒れてもおかしくない過酷な環境でタレントを走らせて、倒れるかどうかのあこぎな見せ物にした。露悪ですね」

 同業のマスコミ関係者からも、そんな声が相次いでいた。

■露骨な視聴率狙い

 一部週刊誌によると、今回の企画で日テレからみやぞんの所属事務所に支払われるギャラは2000万円。準備期間から万が一、完走後に膝などを壊したりして仕事に支障をきたした場合の補償も込みの値段だという。

「日テレは先月、月間視聴率で56カ月連続3冠王を達成し、在京民放の新記録と報じられるなど絶好調にも見えますが、そうではない。民放は全局で広告収入が前年度比でマイナスに転じ、日テレも肝心の視聴率が頭打ちで陰りが隠せなくなってきている。若者を中心としたテレビ離れにあらがう術もないというのが実情。みやぞんのトライアスロン企画では、発表直後から非難ごうごうでしたけど、話題づくりになるならば批判を集めてもいいというような炎上商法に近い感じでしたね」(日テレ関係者)

 制作サイドからすると、スポーツはその模様を中継するだけで事足りるうえ、視聴率を稼ぎやすいコンテンツだという。チャリティーマラソンで毎年、ニッポン、ニッポンとあおるW杯や五輪のようにはやし立てているのは、そうやってお茶の間の注目や共感を集めれば、さらに高視聴率が狙えるという下心もあるという。「愛は地球を救う」のスローガンが空疎に響くばかりだ。


あれこれ言うまでもなく
バカバカしいことだなと
テレビ離れが加速するだけで、
こんなのはテレビ局の最後のあがきみたいなものじゃ無いの?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180828-00000003-nkgendai-ent


元記事
Seesaa:「この手の番組のおかげで「感動」って言葉がうさんくさくなった
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-08-28 21:17 | 異常なこと

心の性をどうやって識別するんだろう?

yahoo:「「偏見を変えるのも我々の役割」お茶の水女子大「心は女性」の戸籍上男性受け入れ、学長が語る真意

お茶の水女子大(東京都文京区)が、戸籍の上では男性でも自らの性別を女性と認識する「トランスジェンダー」の学生を2020年度から受け入れると決めたことは、大きな反響を呼んだ。発表から1カ月強が経ち、弁護士ドットコムニュース編集部では8月22日、室伏きみ子学長にインタビューを実施。その真意やトランスジェンダーに対する社会の理解度などについて聞いた。

●トランスジェンダーも「女子」という枠組みに

ーートランスジェンダーの受け入れを決めた理由を改めて教えてください

「実はトランスジェンダーの方から、お茶の水女子大で学びたいという声が何度か過去に寄せられましたが、『戸籍上の女子」でないといけないということで、お断りしてきました。

ただ、近年、性別に関する研究が進み、社会の理解も少しずつですが広がってきたと感じています。国も子どもたちへの性自認に関する配慮が必要だという考えです。そこで、トランスジェンダーの方も『女子』という枠組みに入れるのは自然だろうと考えました」

ーー7月10日に会見で発表してから1カ月強が経ち、どんな反響が寄せられていますか

「いろいろな好意的な意見を寄せてもらっています。海外の大学も含め、大学関係者からの反響があり、力になっています。先日、国際交流協定の関係の仕事で台湾に行った際、同窓会を開いたらこの話題になりました。

卒業生からは『大学がこういった決断をして公表をしたことは誇りに思う』と言ってもらいました。幸いなことに、教職員や学生、同窓会、保護者たちから反対の声はひとつも出ません。トランスジェンダーの当事者の方からも『嬉しい』と言った声が寄せられたそうです。

学生たちは前向きで、そういった多様な環境があるのは自分たちにとってもいいことだと言ってくれています。いわゆる多様性を包摂した大学で育つことで、社会に出てからも色々な価値観の中で自己を確立して動いていけると思います」

ーー会見では多くの報道陣が集まりました

「それには本当に驚きました。我々はこれまで文科省記者クラブに何か取材案内を入れても、せいぜい数人くらいからしか反応がないのが、7月10日の会見には60人以上が来て、テレビカメラも6台ありました。後にも先にもこんなことはないでしょう。社会に良い影響を与えているのかなと感じました」

●2020年4月入学から受け入れ開始

ーー2020年度から受け入れ予定というスケジュールなのですね

「はい。もちろん合格すればですが、2020年4月に入学するときに、トランスジェンダーの学生が入ることになります」(試験は2020年2月または3月の受験を想定)

ーートランスジェンダーの受験生には事前に申請をしてもらうことを想定しているそうですが、今後はどのような準備を進めていきますか

「トランスジェンダーの学生を受け入れるための委員会が8月1日に正式に発足しました。その中で、今後検討すべき事項を洗い出して細かく決めていく予定です。

入っていただいた後で、戸籍の上で女子である学生とは異なり、例えば協定を締結している他大学の行事に参加できないといった場合もあるかもしれない。同じ待遇を受けられない場合もありうるということは知っておいてほしいと思います。ただ、大学としてのできる限りの支援はするつもりです」

ーー学長自身、トランスジェンダーの方と接した経験はありますか

「私は30年前にニューヨークに留学していた際、あちらには結構そういう方がいました。最初は『そうなんだ』と驚きましたが、だんだん慣れて友達にもなりました。肌の色が違ったり、性的な考え方が違ったりすることが当たり前なんだなと感じたのを覚えています。

また、実際にトランスジェンダーの若い方のお話を聞いた際に感銘を受けました。その方は『心は女性で、女性として生きたい。ぜひお茶の水で学びたい』ということで、ひたむきな気持ちを持っておられました。こういう方々を支援したいなという気持ちになりました。

いまの日本はかなりの男性社会です。(その方は)その中で女性はいかに生きるべきか、女性の活躍をどう支援すべきかという視点で学問をやっていきたいという話でした」

●日本社会、まだまだバイアスある

ーー日本社会での理解度は十分だと感じていますか

「日本の中で理解は進んできていると思いますが、まだまだバイアス(偏見)もある。そういうところを改善するのも我々の役割だと感じています。

日本社会では残念ながら、皮膚の色が違う子どもがいじめの対象になってしまうように、違いがはっきり見える人に対して寛容ではありません。そういった偏見や差別はあってはいけないことと気づいていけば、世の中は変わると思います」

ーーお茶の水女子大の決断は他の女子大にも影響を与えそうですね

「現在、津田塾大、東京女子大、奈良女子大、日本女子大でそれぞれ検討していて、近いうちに実施することになるでしょう。我々が最初にトランスジェンダーの受け入れを検討する必要があるだろうと動き出したのが2015年でした。我々の決定が、他の女子大への後押しになればいいと思っています」

ーー今回の決定で、お茶の水女子大学への寄付などの支援が今後増えるかもしれません。大学の認知度が良い意味でさらに高まったでしょうか(寄付には税制上の優遇措置あり)

「そうですね。国立の女子大学のミッションというか、どうあるべきかということは時々話題になります。現在の社会で様々な課題が残っている中で、こうしたことを実践するのは意味があると思っています」

【プロフィール】室伏きみ子、埼玉県浦和市(現・さいたま市)出身。お茶の水女子大理学部卒業、東京大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士)。専門は細胞生物学、生化学、科学教育

(取材:弁護士ドットコムニュース記者 下山祐治)早稲田大卒。国家公務員1種試験合格(法律職)。2007年、農林水産省入省。2010年に朝日新聞社に移り、記者として経済部や富山総局、高松総局で勤務。2017年12月、弁護士ドットコム株式会社に入社。twitter : @Yuji_Shimoyama


心は女だと言い張っても、それを識別する手段は無いと思うし、
何らかのトラブルがあったときに、ちゃんと対応出来るのかしらね?
男の身体で女子トイレに入ってくることに、抵抗がない女性は珍しいと思うんだけどな

理解するしないの問題では無く、無理やろって思います
女子大なんですし、男女の識別はしっかりとなさった方が良いと思いますけどねぇ

脳の治療をして、ちゃんと身体通りの性に直してやるべきだろうな、そういうのは


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180826-00008416-bengocom-soci


元記事
Seesaa:「心の性をどうやって識別するんだろう?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2018-08-27 20:49 | 異常なこと

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE