そこまでしなきゃいけないのかねぇ>移民とかなんとか

yahoo:「”受け入れられる側”になるということ~オーストラリアのマイノリティの視点から

先日、 日本で働く外国人労働者の問題を考えるシンポジウムを聴いてきました。どうしたって少子化を止めることができない日本では、外国人を受け入れるしか生き残る道はないようで、今やコンビニ業界は、外国人労働者を選ぶ立場ではなく、彼らに選ばれるための努力をしているのだとか。

 労働力としてだけでなく、同じ社会に長く暮らす仲間として彼らをどのように受け入れるべきなのか、どんな制度が必要かを議論する壇上を眺めながら、私はずっとモヤモヤしていました。そこにいる人はみんな、自分が ”受け入れる側” であることに疑いがないようだったから。

 せっかくなら、実際に日本のコンビニで働いている外国人留学生の話も聞きたかったな。一人一人、違う人生を背負ってここに来ている彼らの声を、生で聞きたいから。
(以下略)

少子化対策で外人の受け入れをすれば生き残れるとか、ものすごく間違ってる
あくまでも日本人の国なのだから、日本人で維持しなければならない
外人が入ってきたって、それは日本じゃ無いですよ

それにしたって、受け入れられる側のことを考えてとか違うでしょ
昔から言われるとおり、”郷に入っては郷に従え”でしょう

日本人だって、他の国へ行けば、その国のルールなどに従って、受け入れて貰うのが筋だし
日本に来るなら、日本語、日本のルールを身につけていかなければいけない
母国のルールを振りかざしているような奴を受け入れる必要は無いよね
さっさとお帰り願うのが当然


https://news.yahoo.co.jp/byline/kojimakeiko/20181007-00097925/


元記事
Seesaa:「そこまでしなきゃいけないのかねぇ>移民とかなんとか
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-10-09 19:43 | ニュース

<< お役所仕事だから、それ以上を望... 川崎で、横田早紀江さんが逮捕さ... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE