後始末の方法を考えたら、産ませない一択のはずですけどね

yahoo:「強制不妊「57年苦しんだ」 原告が意見陳述 札幌地裁

旧優生保護法のもとで不妊手術を強制され、救済措置も取られていないとして、札幌市の小島喜久夫さん(77)が国に損害賠償を求めて起こした訴訟の第1回口頭弁論が28日、札幌地裁であった。国側は「救済制度を立法する義務はなかった」として、請求棄却を求めた。

 小島さんは全国で初めて実名を公表し提訴した。「57年間、手術のことを誰にも言えず、一人悩み苦しんできた。裁判で勝っても私(の人生)が戻ってこない。国の誤った法律で人生を狂わされる被害者を出さないためにも、国に責任を認めて謝罪してもらいたい」と声を震わせながら、意見陳述した。

 国側は答弁書で、国会議員が個別の国民に法的義務を負うのは極めて例外的だと指摘。被害回復には国家賠償法があり、これとは別に国会が救済立法をしなかったのは違法とは言えないと主張。同様に国の違法性も否定した。旧優生保護法が違憲かどうかは言及せず、弁論でも、認否の必要性に乏しい、とした。

 岡山忠広裁判長は、2台ほどだった傍聴席の車いすスペースを約10台分に広げ、介助者の席を用意した。手話通訳者が傍聴席前に立って通訳することや、たんの吸引が必要な障害者の法廷内での吸引も認めている。

 訴状などによると、小島さんは19歳のころ、札幌市内の精神科病院で「精神分裂病(のちに統合失調症と改称)」を理由に手術を受けさせられたなどとして、慰謝料など1100万円を求めて5月に提訴した。

 一方、仙台地裁では、宮城県内の60代の女性が28日、不妊手術を強制されて子どもを産むかどうかの自己決定権を奪われたとして、国家賠償法に基づき国に慰謝料など3300万円の損害賠償を求める訴えを起こした。仙台地裁での提訴は3人目。

 訴状などによると、女性は20代だった1977年、「遺伝性精神薄弱」だとして不妊手術を受けさせられた。母親は「市役所職員から『障害年金を受給し、望まない妊娠を防ぐためだ』と説明された」と女性の妹に話していたという。

 宮城県が開示した手術者の名簿に、女性の名前や手術の実施日などが書かれていたという。


自己決定権どうこう言われても、自分の後始末すら出来ない人が子供を作ってもどうしようも無いと思うのですが?
その後始末をするのは誰か?とか必要なものをそろえるすべとかを考えたら、極めて現実的な処置だったとは思いますけどね
ちゃんと責任を持って育てるだけの器量があったのにも関わらず、そういう処置をされたなら話は別ですが
それに五体満足じゃ無い場合だってあるわけで、それを事前に避けるという意味合いもあったんでしょうし非常に合理的だと思いますね

こういう裁判が今になって起こされるのは弁護士の都合としか思えないですね。どう考えても
無駄な裁判を起こさないで欲しいものです


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180928-00000047-asahi-soci


元記事
Seesaa:「後始末の方法を考えたら、産ませない一択のはずですけどね
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-09-29 20:12 | 政治

<< 寄生虫を養う余裕無し!>... そんな大噴火が起きるなら九州全... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE