サマータイムは金輪際導入検討しないで欲しいですね

yahoo:「東京五輪のサマータイム、導入断念へ 自民党が見通し

2020年東京五輪・パラリンピックの暑さ対策として浮上していた「サマータイム」(夏時間)について、自民党の遠藤利明・東京五輪実施本部長は27日、「20年の導入は難しい」との見通しを記者団に語った。五輪にあわせた導入は見送られる方向だ。

 自民党は同日午後、サマータイム導入のメリット・デメリットについて論点を整理する「研究会」をつくり、初会合を開いた。会合終了後、遠藤氏は「気持ちとしては(20年までに)導入したいが、システムの問題や世論の反応から物理的に難しい」と説明。会合で今後行う議論は「20年のためではない。低炭素社会をつくる一つのきっかけとして進めていきたい」とも述べた。

 標準時を1~2時間早めるサマータイムは、森喜朗元首相らからの導入の要望を受け、安倍晋三首相が自民党内での検討を指示していた。

 遠藤氏は、懸念される東京五輪の暑さ対策としては、マラソンや競歩などの競技時間前倒しを国際オリンピック委員会(IOC)などと引き続き協議していく考えを示した。(大久保貴裕)


オリンピックのためとはいえ、阿呆な施策が実行されないことになったのは良かったです
オリンピックは口実の一つで、経営者が労働者をこき使うための方法ですから、そんなもん今後も検討の余地が無いこととしていただきたい

この点EUでサマータイム廃止の方向になってきたことも追い風でしょうが
IT業界からの無理だって声が一番だったんでしょうね
すべてはコンピュータがオンラインで繋がることで社会が動いているわけで、それを止めること無く社会に悪影響を及ぼすこと無いままで、一つ一つ検証してシステムを入れ替えることなんぞ、そう簡単に出来るわけありません

プログラムを差し替えれば、それでいいってもんじゃ無いわけで、繋がったものが相互に影響し合う関係である以上、すべてを踏まえて調整するなんて無茶も良いところですよね


さておき、
オンラインシステム云々を除いても、サマータイムが人間の身体に良いことは無いですし、単に経営者の長く働かせたいという事情のみが日本ではサマータイム導入論に傾くわけで、労働者の健康管理という意味合いで絶対反対としていきたいですね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180927-00000064-asahi-soci


元記事
Seesaa:「サマータイムは金輪際導入検討しないで欲しいですね
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-09-27 19:55 | 政治

<< 写真撮りのマナーの問題>... 外人を受け入れる前に国民生活を... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE