近所に実際に住んでいる人はどう思う?>福知山線脱線事故現場の慰霊施設

yahoo:「尼崎・JR福知山線脱線事故現場に「祈りの杜」

2005年4月25日に兵庫県尼崎市で乗客106人と運転士が死亡し、562人が重軽傷を負ったJR福知山線脱線事故で、JR西日本が進めてきた列車が衝突した現場マンション周辺の整備工事がこのほど完了。14日から遺族への公開を始めた。同日午後には来島達夫社長ら役員が訪れ、献花を行った。20日までは遺族に限り入場することができ、21日からは一般公開が行われる。

 JR西日本は、このマンションを含む周辺の敷地を取得して整備し、列車が衝突した9階建てマンションの上層階を撤去。4階部分までを保存して、アーチ状の屋根をかぶせ「祈りの杜(もり)福知山線列車事故現場」と名づけ、慰霊碑などが設置された。


ご遺族はまだまだ不満らしいですけど
実際に済んでいる人からすれば、どうなんでしょう?

悪い言い方ですけど、目の前に心霊スポットが出来たようなもの

難しいところですね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180914-00000001-wordleafv-soci


元記事
Seesaa:「近所に実際に住んでいる人はどう思う?>福知山線脱線事故現場の慰霊施設
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-09-15 19:47 | ニュース

<< 前後のドライブレコーダーの標準... 性教育の強化は必要でしょう >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE