撤去されることになって良かったです>不快な像

産経新聞:「防護服姿の子供立像「サン・チャイルド」撤去へ 福島市民アンケート7割が反対 市長「設置は困難」

福島市が設置した防護服姿の子供立像「サン・チャイルド」に「原発事故の風評被害を助長する」などの批判が相次いだ問題で、同市の木幡浩市長は28日、会見し、像を撤去すると発表した。

 市長は、これまで「像を見て福島が危ないと受け取る人はいない」などと反論してきたが、市民向けアンケート結果は7割近くが反対・否定的で、「賛否分かれる作品を設置し続けることは困難」と語った。

 像は現代美術家ヤノベケンジさんが東日本大震災を機に制作。高さ6・2メートルで胸の空間放射線量計を模したカウンターには「000」と表示、原子力災害のない世界や希望を表した。

 だがJR福島駅近くの市の教育施設に設置されると、「福島が防護服の必要な街であるかのような誤解を与える」「線量がゼロにならないと安全ではないということか」などと批判が相次いだ。

 アンケートは18日から27日まで行われ、110人から集計。内訳は設置に「反対もしくは移設を」が75人で、存続派22人を大きく上回った。賛否不明の「その他」が11人。このほか、市のホームページなどに届いたメールなども、7割が否定的だった。

 これに対し同市長は「愛称募集には小学生199人が応募しており、賛否は拮抗(きっこう)している」としたが、「不快な思いをされた方々には、心からお詫び申し上げます」と語り、近く像を解体し、美術館など別の展示場所が見つかるまで市で保管する。展示費用は、解体も含め約260万円となる見込み。

 また、市長は展示を決める中で議会にはかるなど市民に向けた合意形成を欠いた点を改めて謝罪し、市長給与の減額措置を講じる意向を表明した。


どう考えても、そこに住んでいる人たちに、不安感を与えるだけの像を市が設置したって事がダメでしょう
市長が、福島市民にけんかを売ったようなものでしょ
反対の声が上がってくるのは当然では無いかと

東日本大震災では、津波の方がよっぽど大きな被害を出しているのに、原発事故だけに目を向ける人が多いことがおかしいし、
科学的知見に基づかず、単に思い込みで危険だと言い張る非科学的な阿呆のせいで福島県は風評被害を受けているのに、何で市長はこんなものを立てることをよしとしたのか?

背景に再生可能エネルギーの関係者がいるって事が指摘されてますけど、
だとしたらやっぱり利権がらみだよね

事の経緯をきちんと明らかにすべきでしょう
相応に金は動いているわけで、市、市議会は真相究明に努めるべし!


元記事
Seesaa:「撤去されることになって良かったです>不快な像
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-08-28 21:42 | 反社会的

<< 野党国会議員と関わりのある、超... 調子に乗った共産党:毅然とした... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE