審判の質の向上のためにも待遇改善を

yahoo:「PKやり直し 誤審の主審は3カ月活動禁止処分

日本サッカー協会は12日、東京・文京区のJFAハウスで審判委員会を開き、天皇杯2回戦(6日)の名古屋(J1)-奈良クラブ(奈良県代表)戦において、競技規則の適応ミスを冒した審判団に対しての処分を決めた。清水修平主審は公式戦3カ月の審判活動禁止、副審の小椋剛氏と池田一洋氏は2カ月間の審判活動禁止にした。第4審判に関しては、今後処分を決める。

 さらにこの日の審判委員会では、問題となったPKシーンは、実はフェイントモーションではなかったとの意見で一致した。左足ケンケンは助走の中の動作で、キック時の動作ではないと判断。しかし清水主審がフェイントと判断し、笛を吹いた時点で、ルール上、PK失敗を宣告する必要があったが、その判断ができず、規則を適応しなかったことへのペナルティーとなった。

 小川佳実審判委員長(58)は「今回は判断ミスと適応ミスが重なった、珍しいケース。審判の判断ミスは試合の一部との認識だが、適応ミスは(後にでも)修正できるものなので、PK戦からのやり直しとなった」と説明した。


この件自体については、奈良クラブはお気の毒様って感じで
名古屋さんは90分で決めておくべきだったというご意見は、ごもっとも
プロの意地を見せて欲しかったし、ジャイアントキリング、下克上があるのも天皇杯の特徴だし、どうにもこうにも

いずれにしても審判がきちんとゲームを裁けなければどうにもならないわけで
そのために逆らってはいけないというルールもあったりするんだし、その権威を決定づけるだけの実力を持ってほしいものだと思います
3人で裁ききれないなら、人数を増やす、ビデオ判定など正当にジャッジするためのてこ入れを積極的に進めるべきではないか?
そのための費用はかさむだろうけど、きちんと理由付けされるなら、観客にも負担して貰っても良いと思います
薄給で90分走り続けて文句を言われるのもいやだろうし、相応の報酬があってしかるべきだとは思います

ただそれに見合わないジャッジをするなら審判に対してもレッドカードを容赦なく出すようにすべきだと思いますね!


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180612-00236626-nksports-socc


元記事
Seesaa:「審判の質の向上のためにも待遇改善を
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-06-12 21:03 | スポーツ

<< 少年法は廃止で良いと思います クラブとしたら不用意に近づいて... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE