風化はやむ得ないと思うなぁ

yahoo:「なぜ?消えた鎮魂のサイレン 雲仙・普賢岳噴火27年、被害の南島原市 風化を危ぶむ声も

43人が犠牲となった長崎県雲仙・普賢岳の大火砕流から、3日で27年。現場となった島原市では毎年、発生時刻に鎮魂のサイレンが鳴らされ、慰霊行事が開かれる。ところが、隣接する南島原市の男性から「こちらも噴火災害に苦しんだ被災地なのに、いつの間にかサイレンが鳴らなくなった」との訴えが西日本新聞の特命取材班に届いた。どういうことか。

 雲仙・普賢岳の噴火災害は1990年から約5年半続き、島原市と南側に隣接する深江町(現南島原市)で火砕流や土石流が頻発した。大火砕流は91年6月3日午後4時8分、島原の街を襲った。犠牲者のうち2人は、深江町と布津町(現南島原市)の住民だった。
「昔は鳴っていた気がする」

 投稿してくれた男性によると、2006年に8町合併で南島原市が発足する以前は、島原市に合わせて、旧町でもサイレンが響いていた記憶があるという。

 南島原市役所の複数のベテラン職員に聞くと、「昔は鳴っていた気がする」「職場の誰も覚えがない」など反応はさまざま。少なくとも、合併後に鳴らしていないのは確かなようだ。
「南島原の被害といえば大野木場小の焼失です

 南島原市は長崎、広島の原爆投下日や終戦記念日、東日本大震災の日にはサイレンを鳴らしている。なぜ6・3は鳴らさないのか。市の防災担当者は「理由があって意図的に鳴らしていないわけではない。今は対応を変える予定はありません」。さらに「南島原の被害といえば、91年9月15日の大火砕流による大野木場小の焼失です」と続けた。

 幸い犠牲者はなかったが、大野木場小は付近の民家150棟余りとともに全焼した。被災した旧校舎は遺構として保存されている。

 「6・3と9・15、両日とも大切にすればいいのに…。違和感を覚えます」。男性は首をかしげた。
背景に「町合併の影響」?

 背景に「町合併の影響」を指摘する声がある。

 深江は旧8町のうち東端にある。市の中枢機能は市域中央に集中し、深江は市全体でみれば「遠い被災地」と、捉えられがち。歴代市長に深江出身者はゼロ。島原市が5年ごとに開く追悼式典で、南島原市長は「招待」される立場だ。

 今年は6月3日が市長選、市議選の告示と重なった。「選挙カーの大音量が島原の慰霊行事を妨げる」「島原と深江は一体で災害と闘ったはずだ」と市民から疑問の声も上がったが、市側は立候補予定者説明会で「配慮してほしい」と呼び掛けるにとどめた。被災経験は過去の話になってしまったようにも映る。

現在進行形の噴火災害

 実は、噴火災害は現在進行形だ。

 溶岩が冷えて固まった約1億立方メートル(ヤフオクドーム53杯分)の溶岩ドーム(平成新山)は、大雨や地震で崩落する危険性が指摘されてきた。崩落が一定量を超えると砂防ダムから岩塊があふれ、住宅地を襲う恐れもある。島原市は4年前から崩落を想定した避難訓練を毎年実施している。

 一方の南島原市。深江での同様の避難訓練は3年前に初開催した以降はなく、2度目は今秋の予定。最大量が崩れた場合に被害が想定される「道の駅みずなし本陣ふかえ」は年間約40万人が訪れるが、特に備えはないという。責任者は「被害想定は知っているが、市から対応を求められたことはない」。
「風化もここまできたか」声落とす元教諭

 南島原市の小学校で5月、大火砕流で教え子6人を亡くした島原市の元高校教諭、満行豊人さん(80)が授業を開いた。道の駅に隣接し、土石流で埋まった家屋を展示する「土石流被災家屋保存公園」に行ったことがあるか尋ねると、児童20人のうち数人だけだった。満行さんは「深江なのに。風化もここまできたか」と声を落とした。

 災害から得られた教訓を後世に伝えるには、まずは忘れないことが大切だろう。たかがサイレン、されど-。男性は言う。「当時は全国から支援を受けた。今の南島原は恩ある人たちに顔向けできるでしょうか」【あなたの特命取材班】

●SNSで調査報道の依頼を受付中!

 西日本新聞「あなたの特命取材班」は、暮らしの疑問から地域の困り事、行政や企業の不正告発まで、SNSで寄せられた読者の情報提供や要望に応え、調査報道で課題解決を目指します。ツイッターやフェイスブックの文中に「#あなたの特命取材班 」を入れて発信してください。


風化させたくなければ、憶えておくことを強制しないと無理でしょ
経験していないことを伝え残せといわれても、次世代としたら困惑するばかりじゃない?

よっぽどの出来事で、大きなイベントとならない限り残っていかないと思う
歴史上いろんな災害やらなにやらあったけど、そのすべてがきちんと伝わり、それが教訓とかそんな感じで残されているわけじゃないことからも、次第に忘れて行かれることは多々あると思いますし、やむ得ないことじゃないですか?

ハザードマップとか避難対策にきちんと生かされていれば良いんじゃ無いですかねぇ


いずれにしても、この火砕流の被災では
マスコミが愚かなマネをしなければこんな大きな犠牲は出ないで済んだよなぁって憶えておくことにしてますが


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180604-00010001-nishinp-soci&p=2


元記事
Seesaa:「風化はやむ得ないと思うなぁ
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-06-04 21:04 | 身近なニュース

<< 放送法4条撤廃見送りは困りますねぇ あおり運転≒スピード違反なので... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE