こんなにつまんないワールドカップも無いなぁ

yahoo:「本田・香川・岡崎は選出か。落選は若手に? 未来が不安な高齢化…W杯メンバーを占う

日本代表は30日にガーナ代表と対戦して0-2で敗れた。ロシアワールドカップに向けた最終メンバー23人発表前の最後の試合だったが、内容は散々。それでも西野朗監督は重要な決断を下さねばならない。果たして夢の舞台に立つ資格を得られる選手、失う選手は誰になるのだろうか。(取材・文:元川悦子)

本田・香川・岡崎は選出か。落選は若手に? 未来が不安な高齢化…W杯メンバーを占う

●本田らガーナ戦先発組は当確か

 今日31日午後、ロシアワールドカップに臨む日本代表の最終登録メンバー23人が発表される。西野朗新監督体制の初陣だった30日のガーナ戦(日産)は、負傷明けの岡崎慎司(レスター)や香川真司(ドルトムント)らにとってはアピールのラストチャンスだった。

 日本はわずか4日間の練習で3-4-2-1の新システムにチャレンジしたが、8分に槙野智章(浦和)がエマニュエル・ボアテング(レバンテ)をペナルティエリア手前で倒し、トーマス・パーテイ(アトレティコ・マドリー)に直接フリーキックを決められるという最悪のスタートを切った。

 前半はシュート数でガーナを上回ったが、34分の本田圭佑(パチューカ)の決定機が相手GKに防がれるなど日本は決め手を欠いた。

 後半からは香川、武藤嘉紀(マインツ)、酒井高徳(ハンブルガーSV)といった当落線上にいる面々が次々と出てきてアグレッシブな攻めを仕掛けたが、またも立ち上がりの時間帯に守備のミスが出て、PKを献上してしまう。長谷部誠(フランクフルト)、吉田麻也(サウサンプトン)、川島永嗣(メス)という守備の大黒柱3人が絡んで2点目を奪われた。

 その後、西野監督は岡崎や柴崎岳(ヘタフェ)を投入して3-4-1-2にスイッチ。井手口陽介(クルトゥラス・レオネサ)を送り出した76分以降は4-4-2に変更して反撃に出たが、武藤の決定的なシュートも枠を超えていった。このように終盤はテスト的な色合いが濃くなり、チームの完成度はお世辞にも高いとは言えなかった。ただ、最終メンバー23人の絞り込みを直後に控えた状況ではやむを得ない部分もあっただろう。

 ガーナ戦には17人の選手が出場した。失点に絡んだものの、長谷部や吉田、槙野ら軸を担う面々は問題なく23人のリストに入ると見られる。中盤で攻撃のスイッチを入れていた大島僚太(川崎F)もA代表4試合目でようやくフル出場を果たし、ロシアワールドカップ本番で使えるメドが立った。

 彼と並んで後半途中からボランチを形成した柴崎も好印象を残しており、順当にリストに名を連ねるはず。ヴァイッド・ハリルホジッチ前監督時代は冷遇されていた本田も当確と言っていい状況だ。

●香川と岡崎に不安。最も落選の可能性が高いのは…

 当落線上と目されていた香川は45分間ピッチに立った。登場から10分間で2本のシュートを立て続けに放ち、酒井高徳に鋭いサイドチェンジを送るなど、予想以上に状態が上向きであることを示した。

 だが、躍動感と推進力が前面に出たのはこの時間帯だけで、勢いが持続しなかった。一方の岡崎も31分間のプレー機会を得たが、左足首の状態はまだ不安定。好調時のパフォーマンスとはかけ離れた印象を残した。

 彼ら2人同様、公式戦から遠ざかっていた井手口も物足りなさを感じさせた。ミスパスからピンチを招いた82分の場面などで実戦感覚の不足が如実に出た。この現状を西野監督はどう捉えたのか。20日後の初戦・コロンビア戦(サランスク)までに本調子を取り戻せるという判断ならメンバー入りするだろうが、未知数の部分も少なくない。

 ただ、香川と岡崎、井手口の3人にはワールドカップアジア最終予選での貢献度の高さという強みがある。実績と経験を重んじる指揮官だけに、彼らに対して落選という重大決断は下せないのではないか。

 そうなると落選候補は、ガーナ戦でチーム最多3本のシュートを放ちながら決めきれなかった武藤と、出番のなかった遠藤航(浦和)、昌子源、植田直通、三竿健斗(いずれも鹿島)、酒井宏樹(マルセイユ)、乾貴士(エイバル)、浅野拓磨(シュトゥットガルト)の合計8人のいずれかということになる。

 ここまでの練習を見ると、一番苦しいのが三竿だろう。ゲーム形式の練習でサブ組にも入れないことが多く、ロシア行きの道は険しい。次にピンチなのが右太もも前打撲が完治していない乾。西野監督は卓越したドリブル突破力を備えた彼を高く買っていたが、ガーナ戦に間に合わなかったことで23人のメンバーに残すかどうかの判断を迫られることになった。

 ただ、ジョーカーにもなり得る乾を選外にするのは攻撃のバリエーションが減ることにもつながる。浅野に関しても同様で、矢のように相手背後に突き進めるスピードを持つ選手は彼しかいない。今年に入って一度も公式戦に出ておらず、ガーナ戦でも試されなかったため、状況は相当厳しいが、外すのは乾と浅野のどちらか1人になるだろう。

●好調の武藤を外すか、それとも…

 最後の3人目は武藤か、それともDF陣の1人ということになる。西野ジャパンが3バックと4バックを併用する見通しとなったため、DF陣は人数的に現状維持となる可能性が高いと見られていた。しかし、遠藤、昌子、植田うち1人は削っても問題ないという判断はできる。

 ボランチを含めて多彩なポジションでプレーできる遠藤、対人守備や競り合いに強い植田はセネガル戦(エカテリンブルク)などで使い道があると考えられるため、外すとしたら昌子になってしまう。ただ、アジア最終予選では昌子も槙野としのぎを削り、昨年8月のオーストラリア戦(埼玉)ではスタメンの座をつかんだ実績もあるだけに選外にするのは容易ではない。

 DF陣を絞れない場合、最後の選択肢は武藤になってしまう。武藤も決して調子は悪くないし、むしろ岡崎よりもいいパフォーマンスを見せているのだが、ガーナ戦で得点できなかった現実が重くのしかかる。「決めていないんで、与えられたチャンスを生かせてないと思います」と本人も神妙な面持ちで語っていただけに、指揮官の決断を待つしかない状況だ。

 いずれせよ、最後に外れる3人は代表で実績の少ない若い選手中心になりそうだ。ガーナ戦のスタメン平均年齢は29.5歳で、若手3人を外してしまったらチーム全体の高齢化はさらに進む。ベテランで勝負を賭け、惨敗してしまったら、未来の日本代表に残されるものはない。

 目先の勝負だけに集中しなければならない西野監督や日本サッカー協会にはそこまでの余裕はないのかもしれないが、次世代にも何らかの財産が残るようなメンバー構成になれば理想的だ。そんな願いを託しつつ、運命の瞬間を待ちたい。


こんなにワクワクしない選出メンバーもないなぁ
次のワールドカップのメンバーに期待することにします

そりゃ日本代表だもの、がんばって欲しいけど、それ以上の気分にはなれないですね
本当にがっかり
監督を直前に解任したり、一本筋の通ったものが無く、何を求めているのか?


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180531-00010001-footballc-socc


元記事
Seesaa:「こんなにつまんないワールドカップも無いなぁ
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-05-31 21:40 | スポーツ

<< 当初の予定通り築地を潰せば良い... 身勝手なタクシー代わりじゃ無い... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE