銃を持たせた責任、罵倒した責任

yahoo:「「頭が真っ白になって撃った」 巡査、指導巡り衝突か

滋賀県彦根市の交番で滋賀県警の警察官が一緒に勤務していた同僚を射殺した事件で、県警は12日未明、現場から逃走していた彦根署地域課勤務の男性巡査(19)=同市=の身柄を愛荘町内で確保し、同日朝、殺人容疑で逮捕した。巡査は「間違いありません」と容疑を認めているという。同僚は巡査の教育係だった。県警関係者によると、県警が身柄を拘束した後、「頭が真っ白になって撃った」という趣旨の話をしたという。また、巡査は今年1月に彦根署に配属されて以降、指導を巡り上司と衝突したといい、県警は動機について慎重に調べている。
 逮捕容疑は、11日午後7時47分ごろ、彦根市南川瀬町の彦根署河瀬駅前交番で、一緒に勤務していた同僚の井本光(あきら)巡査部長(41)の後頭部と背中を拳銃で撃ち、殺害した疑い。同交番の防犯カメラには、撃たれたとみられる井本巡査部長が、机に突っ伏すように倒れ込む様子が写っていた。県警は犯行動機について、「捜査に支障がある」として説明していない。巡査部長と巡査の関係に特に問題はなかったとしている。
 県警によると、巡査は交番からパトカーで逃走し、交番から南に約4・5キロ離れた愛荘町目加田の田んぼにパトカーを放置し、徒歩で逃げていたとみられる。12日午前1時35分ごろ、同町川久保の近江鉄道線路内で、制服姿で歩いていた巡査を捜査員が見つけた。落ち着いた様子で、捜査員が巡査の名前を確認すると、本人だと返答したという。
 巡査は確保された際に拳銃を所持していなかった。同7時ごろ、乗り捨てられたパトカーから北東に600メートル離れた豊郷町八町の田んぼで、収納するベルト部分に入ったまま警棒や手錠とともに見つかった。銃弾は残り3発すべて残っていた。
 県警は同8時から会見し、武田一志警務部長が「警察官が貸与された拳銃を使用して殺人事件を起こしたことは極めて遺憾で、深くおわび申し上げる」と謝罪した。巡査は、昨年4月に県警に採用され、今年1月29日に彦根署地域課に配属された。3月26日から井本巡査部長ともう1人の巡査と3人体制で、3日に1度、同交番で24時間の勤務をしていた。11日は1人が病欠し、午前8時半から井本巡査部長と2人で勤務していたという。
 警察庁によると、未成年の警察官による殺人事件は初めてとみられる。


別記事では指導中に罵倒したとかで、そのせいで激高して撃ったということのようですが、

指導者が指導中に罵倒するとか
また、罵倒されてかっとなって銃を撃っちゃうようなのに貸与していたとか
二つの問題があるんじゃ無いですか?

指導される側がどんなにバカでも罵倒したらダメだろうし、どんなに指導しても結果が伴わないなら首にすべきだろう。警察官がバカじゃ困るし

ほんで、罵倒されたとはいえ、それでカッとなって銃を撃つような新米に銃を持たせるとか、教育期間が済んで問題なしとなってから銃を貸与すべきでは無かったのか?

そんな感じです
殺傷能力を持つ武器を持つことを許された存在です、持つ事が許されるようになるまできちんとした教育をなすべきだし、教官役も選ばれて叱るべきでしょうね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180412-00000057-kyt-l25


元記事
Seesaa:「銃を持たせた責任、罵倒した責任
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-04-13 20:11 | ニュース

<< マスコミの横暴 どの辺が問題なの?>首相案件 >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE