処置に困ったんだろうねぇ

yahoo:「「わあー、という叫び声聞いた」 監禁、住宅街に驚き

障害のある長男(42)を檻(おり)に閉じ込めたとして、兵庫県三田市の無職山崎喜胤容疑者(73)が監禁容疑で兵庫県警に逮捕された。山崎容疑者の自宅は、三田市のJR宝塚線広野駅から約500メートルの静かな住宅街にある。近所の70代の男性は「息子がいることも知らなかった。監禁をしている気配もなかった」と驚いた。

 自宅は2階建て。玄関と反対側にあるバルコニーに隣接する形で3畳ほどのプレハブが立っており、長男はここで檻に入れられていたという。県警によると、自宅とプレハブはバルコニーを通じて行き来できる構造になっていた。バルコニーは屋根付きで、壁面はカーテンやすだれで中が見えないようになっていた。

 すぐ裏に住む80代の女性は「プレハブはずっと前からあった。息子の顔は知らないけど、時々『わあー』と叫ぶ男の人の声を聞いた」と話した。

 三田市によると、長男は義務教育を終えてから引っ越してきたとみられ、これまで市の福祉サービスを利用したことはなかった。


原則安楽死には反対ですけど
こういう場合、生かしておいてもどうにもならないものを処置するためには必要なのかもしれないなぁって思います

生かしておいても、どうにもならないっしょ?
ご両親が健在のうちは、ともかくとして
基本親の方が先に死んでいくのですから、その後を考えたら国で引き受けるわけにもいかないし
残酷といわれても安楽死が必要じゃ無かろうか?

不妊手術の問題もそうですけど、
その負担を誰がしょってくれるのか?って話
誰もしょってくれないなら、処置するしかないじゃない?

少なくとも自分でなんとか生きていけるだけの力を持っているなら別だとは思うけどね
そうじゃないなら
暴れるだけで、どうにもならない存在を誰も抱えられるわけが無い
かわいそうかわいそうじゃ、どうにもならない闇


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180407-00000045-asahi-soci


元記事
Seesaa:「処置に困ったんだろうねぇ
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-04-10 20:49 | 身近なニュース

<< 大飯原発再稼働>ご安全に! まずは労働基準法の遵守だと思う... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE