民意を反映してきた結果>厚労省働き方改革担当部署の長時間労働

yahoo:「残業200時間の職員も…厚労省 働き方改革担当部署

長時間労働の改善など、働き方改革を進める厚生労働省の担当部署で先月、残業時間が最長で200時間に上っていたことが分かりました。

 厚労省の関係者によりますと、働き方改革関連法案の作成などを担当する部署では、職員の残業時間が先月20日までの1カ月間で平均177時間でした。なかには労災認定の基準となる、いわゆる「過労死ライン」の倍にあたる200時間の残業をした職員もいました。働き方改革の関連法案を巡っては、裁量労働制の不適切なデータ問題で先月下旬から1万件のデータを精査することになり、職員の残業時間はさらに増えているということです。ある厚労省の職員は「健康被害が起きる前に対策が必要だ」と話しています。


ブラック企業が減らないのは、やはり国民性の問題だって事ですね
経営者(民意)によって、公務員は減らされたけど、労働内容は減ってないわけで、
今いる人員で何とかしようとすれば、果てしなく残業をするしか無い
別に霞ヶ関だけの問題では無く、労基署、労働監督署でも監督官が減らされて十分な調査は出来ない状況
もしくは手が回らず、すべての案件を片付けきれないとか

ありがたい国民の考えによって公務員が減らされていることの弊害です

金をかけずに働けというのが国民の意思である以上、こうなるのは当然だし
民間でもそういう被害が出るのも当然じゃ無いのかな?

結局労働に対する考え方が、奉仕と同じになっているんじゃ無い?
対価を貰うのが申し訳ないとか、そんな感情を労働者サイドも持ってしまっているから、労働環境が良くならないのかもね

先の記事でも書いたけど
一日中働いて過ごす人生で良いのかなと思うべきなんだよね
働いてばかりの人生でいいのかって
働かない他の時間をもっと大事にしましょうって、国民全体で考えないと
長時間労働は減らないと思うし

ワタミの元社長?とか楽天の社長とか、若手の経営者といわれる連中が言っていることが是とされるようなご時世では労働環境は絶対に良くならないと思う


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/ann?a=20180324-00000015-ann-soci


元記事
Seesaa:「民意を反映してきた結果>厚労省働き方改革担当部署の長時間労働
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-03-24 20:40 | 労働問題

<< 変質者が教壇に立つのは困りますよね 育児世帯が働かないとならない日... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE