裁量制より労働基準法の遵守を優先すべきだよね

yahoo:「裁量労働、法案提出譲らず=予算案28日以降に衆院通過―政府・与党

裁量労働制に関する政府の調査データ問題をめぐり、自民、公明両党と野党6党の幹事長らは26日夜、国会内で断続的に協議した。

 与党側は、政府として調査結果を精査する方針を伝えたものの、同制度の対象拡大を含む「働き方改革」関連法案の今国会提出断念など6野党の要求には何も答えず、事実上拒否した。政府・与党は法案提出を譲らない構えだ。野党側はこれに強く反発。与野党対立のあおりで2018年度予算案の衆院通過は28日以降にずれ込むことになった。

 安倍晋三首相は26日の衆院予算委員会で、「(裁量制拡大の)要望に応える必要があるので、法案の提出準備を進めている」と強調した。

 立憲民主、希望、共産など6党は23日の与野党幹事長会談で、政府が裁量制拡大の根拠に使った13年度の「労働時間等総合実態調査」にデータ誤用や多くの異常値が発覚したことを踏まえ、(1)法案の提出見送り(2)調査のやり直し―を求めていた。

 自民党・二階俊博、公明党・井上義久両幹事長が連名で6野党に渡した回答書は「政府もデータの精査や可能な部分の開示に真摯(しんし)に対応する意向を示している。与党としても引き続き国民に対する説明責任を果たすよう申し入れていく」との内容。野党の要求への直接の言及はなかった。

 政府は与党内の批判も踏まえ、裁量制拡大部分の施行の1年延期などを検討中。しかし、再調査は「法案提出の先送りにつながる」(官邸関係者)として応じない姿勢だ。

 これに対し、6野党は「回答として認められない」と反発。与党側が対応を改めるまで、衆院の予算、総務、財務金融の3委員会で予算案と関連法案の審議・採決日程の協議に応じない構えを示した。立憲の福山哲郎幹事長は記者団に「国民の生活と生命に関わる裁量労働制に関して再調査を求めることは当然だ」と語った。

裁量制よりも、とにかく労働基準法を遵守させるようにすることが最優先じゃ無いのかな?
問題視すべきは、経営者の方であって、労働者どうこうじゃ無いと思いますね

監督署、監督官を増員し、警察並みの捜査権などを付与すべきでしょう
当然公務員の増加が望まれます
今の状態では監督官不足で、まともな監査も出来ていないと思いますよ

以前から述べているとおり、厚労省を元へもどして
厚生省、労働省に再分割すべきです

それから、労働者からのたれ込みが無ければ監督官は動けません
情勢を踏まえて訴えていかないと、改善は無いでしょうね

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180226-00000062-jij-pol


元記事
Seesaa:「裁量制より労働基準法の遵守を優先すべきだよね
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-02-27 21:45 | 労働問題

<< 追い越し車線はスピード制限が無... よその国のことだけど >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE