朝日新聞に勤めたら人間がダメになります>小平選手

朝日新聞:「「私を雇ってください」 小平奈緒が記者に語った真意

長野・エムウェーブでの練習の帰りだった。バンクーバー五輪を1シーズン後に控えた2008年12月。駐車場を歩きながら、小平奈緒が少しおどけて切り出した。

 「朝日新聞で雇ってください。このままじゃ、ニートスケーターで……」

 小平は当時、信州大教育学部4年。将来は「先生になってスケートの楽しさを伝えたい」という夢はあったが、師事する結城匡啓(まさひろ)コーチのもとで、まだ競技を続けたかった。だが、4年生の冬になっても就職先が決まらない。半年前の北京五輪で有名になったフェンシング・太田雄貴の「ニート剣士」をもじって自虐的に笑った。

 長野の地元紙には、スケルトンで五輪に出場した記者がいた。そんなことも話題にしながら、小平は言った。「私、自分で滑って自分で記事を書きます」

 本気で記者になりたかったわけではないだろう。ただただ、競技への一途な思いが伝わってきた。

 彼女の希望は長野で競技を続けること。私は地元放送局の関係者に相談はしてみたものの、結局力になれなかった。卒業時も就職は決まらず、小平の両親は「1年ぐらいは面倒を見ようと思った」。治療やリハビリをした縁もあって、松本市の相沢病院に採用されたのは4月半ばだった。小平は「初任給で家族を食事に連れていけました」とうれしそうに話していた。

 何よりもスケートが大好きで純粋だ。卒論のテーマもスケートの動作解析。「何時間でも滑っていたい。映像もすり切れるほど見る」。その情熱を受け止めてくれる職場が見つかり、才能が開花した。バンクーバーでは団体追い抜きで銀メダル。ソチ五輪はメダルを逃し、涙を流した。単身オランダに留学し、力をつけた。

 好きな言葉は「勇往邁進(ゆうおうまいしん)」。強豪校ではなく、スケート部のない高校に進んで同好会で活動し、実業団の誘いを断って大学へ進んだ。選手生命の危機でもあきらめず、決めた道を真っすぐ進んできた。その先に、輝くメダルが待っていた。(稲崎航一)


朝日新聞に雇われなくて良かったなぁ
雇われていたら、きっとメダルを取ったときに日本国旗を引き裂いていたかもしれない
そんな反日組織に関わるものじゃぁないよね、まともな日本国民なら

さておき
スポーツ、文化などへの投資がなかなか出来ない状態になってきているのが
今の日本の貧しさを象徴していると思います
大阪なんぞは文化予算をだいぶ削ったでしょ?
たしか橋下君がやったんだよね
文楽とかその辺の人たちがすごく悲しんでいたと聞きますが

日本の緊縮、予算削減の悪影響はそういうことです
で、さらに酷いことをいう連中は、そんなら国会議員、公務員を減らせば良いという
馬鹿だよね
議員を減らせば少数意見はもっと通らなくなるし、公務員は臨時職員が機密情報に簡単に触れることができるところにまで入り込んできてます。それよりもっと酷い状態を望むのか?


安易な発想で人減らしを進めた結果、少子化が進んで、将来を担える人材が減っていることに危機感を感じないのか?
もう少し経てば、ノーベル賞を取れるだけの人材も、国際舞台で活躍出来るスポーツ選手もかなり減るんじゃ無いか?数十年経てばオリンピックどころか、国を支える税金を払える若者がいなくなってしまうんじゃ無いでしょうか?

若い世代への投資が少ないことにもっと危機感を感じないとなぁ


元記事
Seesaa:「朝日新聞に勤めたら人間がダメになります>小平選手
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2018-02-15 19:43 | ニュース

<< 補償に必要は無いし、今でもあっ... もっとはやくから支那対策をして... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE