リスクが抑えられる、障害者を減らせられるなら、良いことなのに何でダメ?

Yahoo:「受精卵検査、処分方針に反論 実施の医師「何があっても続ける」
体外受精させた受精卵の染色体異常を全て調べる「着床前スクリーニング」を、日本産科婦人科学会(日産婦)の禁止に反して実施している大谷レディスクリニック(神戸市中央区)の大谷徹郎院長が1日、厚生労働省で会見し、処分方針を示す日産婦に反論した。

 大谷医師は「流産の多くは染色体異常が原因。検査で流産しにくい受精卵を選び、子宮に戻してあげることは医学の良心だ。何があっても続ける」と訴えた。

 受精卵検査は「命の選別」との批判があり、日産婦は重い遺伝病などに限って認めていたが、今年2月、検証のための臨床研究開始を発表。大谷医師側は「実施を追認している状況」と指摘している。

 大谷医師は、検査は世界で有効性が確認され、国内法上も問題がないと強調。自身の処分と臨床研究が同時に行われるのは矛盾しているとし「検査は社会的に認められるのか、正しいのかと患者を不安にさせている」と、日産婦を批判した。

 代理人の遠藤直哉弁護士は、大谷医師の実績を基に、検査のガイドラインなどの早急な整備を国に要望した。(藤森恵一郎)


少子化で子供を増やしたいのに
無用なリスクを残して、生みにくい状況を続けるのは良いこととは言えないでしょう
少しでもリスクを減らし、特に障害者を減らせられるなら親の負担特に経済的なものを減らせられるなら結構なことじゃないの?何でダメなの?生命の選別がダメって言うけど、選別して何が悪いの?
まともな子供を増やすことが社会のためになるんだよ?医療福祉の負担を減らせられるなんてとっても良いことだと思い増すけど、何でダメなの?

少子化が進めば進むほど、社会の中で障害者の数が増えればそれだけ社会負担が大きくなり維持できなくなるよ?そういうことを考えたら良いことでしょう


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170601-00000007-kobenext-hlth


元記事
Seesaa:「リスクが抑えられる、障害者を減らせられるなら、良いことなのに何でダメ?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


[PR]

  by sunrisesunset77 | 2017-06-02 21:27 | 身近なニュース

<< 旧宮家復活が筋で、女性宮家は論外 厳罰化と言っても死刑が入ってな... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE