こういうことがあるから入国審査、難民審査は厳しくやらなければいけない

Yahoo:「女子中学生を乱暴 首にキスによる内出血の痕…強制わいせつ容疑で難民申請中のネパール人男逮捕 警視庁

警視庁組織犯罪対策2課は強制わいせつ致傷容疑で、住所・職業不詳、ネパール国籍、ラビ・タパ容疑者(29)を逮捕した。容疑を認めている。

逮捕容疑は昨年2月7日午後2時ごろ、東京都渋谷区内の駅の前で、女子中学生に「お金をあげるから遊びに行こう」などと声を掛け、近くに駐車されていたトラックの荷台に連れ込んで体を触るなどし、軽傷を負わせたとしている。女子中学生の首にはキスによる内出血の痕が見られた。

 同課によると、タパ容疑者は平成20年1月に就学の在留資格で来日。24年7月からは東京入国管理局に難民認定の申請を繰り返し、就労する資格を得ていた。

 都内では若い女性が被害にあう同様の強制わいせつ事件が数件あり、同課が関連を調べている。


Yahoo:「<偽装難民申請>ベトナム人を逮捕 警視庁

虚偽の難民認定を申請して日本に在留し続け、不法就労したとして警視庁組織犯罪対策1課は22日、いずれもベトナム国籍で、北九州市八幡西区大浦1の無職、グエン・バン・オワン容疑者(24)と、事件当時は19歳だった無職の女(20)を入管難民法違反(資格外活動)容疑で逮捕したと発表した。

 難民認定制度は、審査が終わるまで日本に在留し続けることができるほか、申請から半年が過ぎても審査中の場合は、正規在留者に限って就労が認められる。同課は2人がこうした制度を悪用したとみている。

 逮捕容疑は難民申請中だった昨年7~11月、在留資格上は就労ができないにもかかわらず、北九州市内の食品製造販売会社などでアルバイトとして働いたとしている。グエン容疑者は「働けないとは知らなかった」と容疑を否認、女は「日本で働くために虚偽の難民申請をした」と認めている。

 同課によると、2人は2013~14年に留学資格で来日。短大や専門学校に通っていたが、除籍された。在留期限が迫った昨年6月、東京入国管理局に「ベトナムの裏社会から借金をしたが返済のめどが立たず、帰国したら命を狙われる」と難民申請をしていた。

 2人は「フェイスブックで知り合った在日ベトナム人の男から難民申請を勧められ、指南を受けた」などと供述しているという。


こういうことがあるから入国審査、難民の受け入れは厳しく行わなければダメなのです
外人がみんないい人、では無く
外人はみんな悪い人という認識でなければ、国民生活の安心安全な生活は確保できません
ダメなものはきちんとはじき飛ばさなければいけないのです

一度受け入れて、国民が酷い目に遭ってからでは遅すぎるのです
その状態にまでなっちゃったのが今のヨーロッパ
キスでは済まずに集団に強姦される様相なんて想像できますかね?
正気の沙汰じゃないです。受け入れちゃった政府が余りにもお花畑だったこと。それを支持するマスコミがちゃんと危険性を伝えないとか最悪な状況でしょう。ネオナチが強くでることになってもやむ得ないでしょうし、当然のことと思います。何が大事かって事ですし
みんながみんなチャールズブロンソン状態・・・笑い事じゃないよ


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000549-san-soci
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160122-00000032-mai-soci


元記事
Seesaa:「こういうことがあるから入国審査、難民審査は厳しくやらなければいけない
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします
[PR]

  by sunrisesunset77 | 2016-01-22 21:22 | ニュース

<< A種戦犯を犯罪者と呼ぶ連中は困... 日本も入国審査を厳しく行うべきですね >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE