人気ブログランキング |

こういう人間味のないクズは、社会へ戻さないで!>ラーメン店殺人事件

Yahoo:「口論の客を暴行後、席に戻ってラーメン完食した元ラガーマンの素顔とは…

元ラガーマンの男は176センチ、120キロの巨体を揺らし、厚底ブーツで何度も何度も倒れた男性の顔を踏みつけた。東京都北区のラーメン店で9月、席の座り方を巡るトラブルから男性客を暴行したとして、警視庁は傷害容疑で足立区小台、会社員、今西伸一郎容疑者(37)を逮捕した。今西容疑者が「たぶん死ぬと思った」と供述したことから、殺人未遂容疑に切り替えて送検。男性はその後死亡し、現在は殺人容疑で捜査している。暴行後、「最後の晩餐」としてラーメンセットを注文し、捜査員が到着しても箸を止めることなく完食した男の素顔とは-。(宇都宮想)

■「最後の晩餐」 捜査員の怒号にも平然とラーメン完食

 「男が人をけっている」。9月27日午前0時ごろ、東京都北区田端のラーメン店で、客から立て続けに複数の110番が入った。急行した警視庁滝野川署員は、異様な光景を目の当たりにする。

 30席ほどの店内のカウンター近くの床に男性があお向けに倒れていた。口から血を流し、頭の周りには血だまりができており、ぐったりとしている。声をかけても、かすかにまばたきをするだけだった。

 署員が客の男性に当時の状況を聞くと、男性は震える手でカウンター席の方を指さした。その先には、大きな背中を丸めながら無言でラーメンをすする男の姿があった。その男が今西伸一郎容疑者だった。

 「あんたがやったのか?」と詰問する捜査員に、今西容疑者は「ああ、そうだよ」と悪びれずに答えた。捜査員が「メシを食っている場合じゃないだろう!」と声を荒らげると、「最後の晩餐なんだよ。捕まっちゃうからな」と平然と言い放ったという。 

 同署は傷害容疑で現行犯逮捕。捜査員が無線で署に連絡している間も箸を持った手は止まらず、パトカーに乗り込むまでには完食していた。

■厚底ブーツで何度も何度も… 客の制止でようやくやめる

 同署によると、暴行を受けたのは、荒川区西尾久の職業不詳、北島久生さん(49)。死因は内臓に損傷を受けるなどした出血性ショックだった。捜査関係者は「相当、強い力がかかったことが推測される」と打ち明ける。

 当時、店内では先に入店していた今西容疑者が、カウンター席で餃子と缶チューハイを飲み食いしていた。その後、店を訪れた北島さんが今西容疑者の隣のイスを引いて座ろうとしたところ、そのイスに今西容疑者が足をかけていたため、前につんのめった。

 「何だこの野郎!」。今西容疑者は北島さんを怒鳴りつけたが、北島さんが「いいじゃねえか!」と応戦したため、今西容疑者は激高。無言で北島さんの上着の襟をつかみ、後方に押し倒した。目撃者によると、後頭部を強打して抵抗できない北島さんに対し、今西容疑者はさらに巨体を揺らしながら顔面や腹部を10数回以上踏みつけたという。今西容疑者は若者に人気のシューズブランドの革製の厚底ブーツを履いており、踏むたびに店内に鈍い音が響いた。

 当時、店内には2人のほかに約10人の客がおり、テーブル席にいた男性が「もうやめなよ!」と声を上げると、今西容疑者はようやく足を止めた。そして何事もなかったかのように缶チューハイを飲み始めた。「警察を呼んだのか?」。レジカウンターの女性店員に声をかけ、女性店員が震える声で「呼びました」と答えても平然とした様子で酒を飲み続け、ラーメンセットを注文したという。

■泥酔? 留置場でも“完食” 反省、謝罪の言葉なし

 捜査関係者によると、今西容疑者は犯行前日の夜から居酒屋やフィリピンパブでもビールや焼酎を飲み、3軒目にラーメン店を訪れた。調べに「数杯しか飲んでいない」と供述しているが、呼気1リットル当たり0・46ミリリットルのアルコールを検出。捜査関係者は「個人差があるが、通常であればかなり酔っ払っている状態で犯行に及んでいるとみられる数値」と話す。

 ただ、犯行時は興奮した様子はなく、極めて冷静だったとみられる。「踏みつけている間は何とも思っていなかった。被害者がどうなっても良いと思っていた。たぶん死ぬだろうが、自分は警察に捕まるだろうから諦めて最後の食事をしようと思った」。今西容疑者は当時の心境をこう供述しているという。

 今西容疑者はどんな人物だったのか。同署によると、今西容疑者は1人暮らしで、母の兄が経営するネジ製造・販売会社で働いていた。高校時代は巨体を生かしてラグビー部で汗を流していたという。

 インターネット交流サイト「フェースブック(FB)」では、髪を刈り上げてモヒカンにした様子や、入れ墨をいれた体の写真を投稿していたが、勤務態度などに問題なく、これまでに警察沙汰になるような暴力事件は起こしていないという。

 「どんな人生を送ってきたかは知らないが、よくもあの状況で物を食べる心境になったものだ。どういう神経をしているのか、人として信じられない」と捜査関係者は嘆息する。北島さんに対して謝罪の言葉はなく、反省した態度もないという今西容疑者。送検後は黙秘しているというが、留置場で出される食事は全て完食しているという。


別にこれに限った事じゃないですけど
自分の思い通りにならないと簡単に暴力をふるうクズが多いでしょ
そんなのを社会に置いておく必要性は何ら無いと思うのです
人権とかそういうのは脇へどかすべき案件でしょう

牢屋へ入れたらそこから出すことなく一生を過ごさせればいいと思いますね
社会へ戻せば、また同じ事を何度でも繰り返すでしょうよ
気に入らない→暴力なんて奴がまともになるわけがない


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20141011-00000505-san-soci


元記事
Seesaa:「こういう人間味のないクズは、社会へ戻さないで!>ラーメン店殺人事件
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  by sunrisesunset77 | 2014-10-11 22:01 | ニュース

<< レジャーより、麓の噴火対策に金... 外人は止めろ!日本国民の生活を... >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE