介護施設サイドに非があるとは思えない

Yahoo:「特養でインフル集団感染 新たに女性1人が死亡

インフルエンザの集団感染が発生した秋田・羽後町の特別養護老人ホームで、新たに96歳の女性入所者1人が亡くなった。
一連の集団感染による死者は、4人目。

羽後町の特別養護老人ホーム「松喬苑」では、1月に入って、20日までに入所者と職員、あわせて56人がインフルエンザA型に感染し、1月9日と14日に、80代の男女3人が心不全や呼吸不全で亡くなった。

そして、19日午後、インフルエンザA型に感染していた96歳の女性入所者が、肺炎のため亡くなった。

県や施設によると、「死亡との因果関係は否定できない」としていて、施設では、慎重に経過を見守るとしている。


Yahoo:「“インフル”集団感染で7人死亡、予防薬の投与 施設職員のみ

兵庫県の養護老人ホームでインフルエンザの集団感染があり、7人が死亡しました。保健所は入所者全員に予防薬を投与するよう助言していましたが、施設側は職員にしか投与していませんでした。

 兵庫県淡路市の養護老人ホーム「北淡荘」で、入所者と職員合わせて74人がインフルエンザに集団感染し、今月11日から21日にかけて71歳から99歳の男女7人が死亡しました。

 洲本保健所によりますと、今月11日に99歳の女性が死亡した後に立ち入り調査した際、感染拡大を防ぐため、入所者や職員全員に予防薬としてタミフルを投与するよう助言しましたが、施設側は職員にしか投与していませんでした。

 「予防として、職員には発症していない人にもタミフルを投与していた。ご利用者にまでインフルエンザを発症していない人にまで、予防としてタミフルを飲ませるという認識が、申し訳ないが私にはなかった」(北淡荘 山田正司施設長)

 死亡した7人のうち6人は、11日以降に発症していて、保健所は施設側の対応に問題がなかったか調査しています。(22日17:21)


インフルエンザは、例え予防接種をしていても型が違えば感染するし
なんにしても万全の体制で予防を図っても感染してしまう以上、あんまり介護施設に文句を言うのはどうかと思うわけです
運が悪かったとしかいいようがないんじゃないでしょうか?

また、介護施設が家族に許可なく薬を飲ませるわけもなく
いくら保健所の指導と言っても、勝手に飲ませることはしないと思います
家族の了解が得られないか何か理由があるんじゃないですかね?
それに薬代は当然家族持ちのはずですし

施設が悪いという論調は違うんじゃないでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190120-00410158-fnn-soci
https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190122-00000047-jnn-soci


元記事
Seesaa:「介護施設サイドに非があるとは思えない
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-22 19:58 | 身近なニュース

メガソーラー必要なのかね

Yahoo:「メガソーラーに反対の声、土砂災害や漁業への影響懸念

大規模な太陽光発電施設「メガソーラー」の建設が環境破壊に繋がるとして、各地で反対の声があがっています。環境にやさしいイメージもある太陽光発電ですが、「大規模な施設」になぜ反対の声があがるのか、取材しました。

 房総半島の南東に位置し、海と丘陵に囲まれた千葉県鴨川市。市街地のすぐ北の山林で今、日本最大級の太陽光発電所「メガソーラー」の建設計画が進められています。

 東京ドーム32個分の森林を伐採し、山を削り、谷を埋め立ててメガソーラーを建設するという計画です。この計画に、地元住民から反対の声が上がっています。

 「太陽光発電そのものを否定しているわけじゃない。私たちが問題としているのは場所と規模。山の形を変えてまで作るということが環境破壊」(「鴨川の山と川と海を守る会」勝又國江代表)

 住民らは、山を削ることで土砂災害が発生しやすくなることを危惧しています。
 「これだけの保水力のある森林を裸山にしちゃうわけですよ」(勝又國江代表)

 去年の西日本豪雨では、19件の事業用の太陽光発電施設で土砂崩れや水没などの事故が起きました。鴨川市では、主な産業のひとつ、漁業への影響を心配する声もあります。
 「あれだけの山を切り崩せば、土砂なんかも必ず川を通ってくるでしょ。海に影響がないってことはありえない」(鴨川市漁業協同組合・松本ぬい子組合長)

 鴨川漁協は、計画を止めるよう求める陳情書を県と市に提出しました。
 「この漁場を後世の人に残していかないといけないじゃないですか。ぜひともこの開発は止めたいと思います」(松本ぬい子組合長)

 一方、計画を進める事業者は「適正な管理をすることで、逆に土砂災害のリスクが減少すると考えている」「県や市の指導の下での計画なので、根本的な変更について現状、考えていない」としています。

 福島第一原発の事故後、太陽光発電は決まった価格で買い取る制度ができたこともあって、急激に広まりました。しかし、山林の伐採や水源に近いことなどから、「メガソーラー」への反対運動は各地で相次いでいます。

 14日に東京で行われた集会には、全国から17の住民団体が参加。
 「国が始めた制度で地方自治体で条例とかやってるけど、国が始めたルールの中でどうしていいか分からない」(集会に参加した野口健氏)

 住民団体らは、法規制の強化などを求めて環境省に要望書を提出しました。こうした声を受けて環境省の検討会は17日、出力が4万キロワット以上の施設を新設する場合には、これまで法律上必要がなかった「環境アセスメント」の対象とする方針をまとめました。

 「地域にあった(発電の)方法があると思う。そういったことを考えていった方がいいんじゃないか」(「鴨川の山と川と海を守る会」勝又國江代表)


発電効率の悪さ故に、広大な面積が必要で
しかも土砂崩れなど甚大な被害を引き起こしますし、メガソーラーの建設には意味があるんでしょうかねぇ


メガソーラーの会社は、災害を引き起こし、電力会社には高額で電気(しかも質の悪い)を売りつけるでボロ儲け(おかげで電力利用者は余計に電気代を払わされてますよね)
そんなシステム止めるわけにはいかないんでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/jnn?a=20190120-00000026-jnn-soci


元記事
Seesaa:「メガソーラー必要なのかね
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-22 19:38 | 身近なニュース

国がすべきは、外人を重要視することではなくて、国民を守ることじゃないか?

Yahoo:「父殺害疑い「介護疲れだろう」 息子悪評なく、住民ショック

殺人容疑で逮捕された福井県福井市、団体職員広瀬嘉一容疑者(57)は、実父一さん(84)の身の回りの世話をしている際に憤慨、叱責し、首にロープのようなものを巻き付けたとみられる。近隣住民の間では嘉一容疑者への悪評はなく、「そんなことをするような人に思えない」「ショックしかない」といった声が聞かれた。

 一さんは週に数回デイサービスを利用していたらしい。数年前までは自転車に乗ってコンビニに向かう姿も見られたというが、「最近はあまり元気そうじゃなかった」(70代女性)との声もあった。

 最近は嘉一容疑者が1人で一さんを介護していたとみられ、ニュースで事件を知った別の70代女性は「まめにお父さんを世話していた。逮捕されたと聞き、介護疲れが原因だろうなと思った」と声を落とした。

 近くの住民は「明るい人柄」「誰に対してもおおらか」「はきはき話をする」などと嘉一容疑者の人となりを語った。気軽に世間話をしたり、あいさつを交わしたりする「普通の人」(60代男性)だったという。

 それだけに、一さんと同級生だったという女性は「勤めながらの在宅介護は本当に大変。苦しかったんでしょう。殺意がないと話しているのも本音だと思う。今回の事件は誰も憎めない」と寂しそうに話した。

 嘉一容疑者は福井県信用漁業協同組合連合会(県信漁連)に勤め、職員を束ねる参事だった。総務部の職員は「人当たりが良く、部下からも信頼されていた。ニュースで事件を知り驚いている」と困惑気味に語った。

  ×  ×  ×

 同居する実父の首にロープのようなものを巻き付けて殺したとして、福井県警福井南署と県警捜査1課は1月19日深夜、殺人の疑いで広瀬嘉一容疑者を逮捕した。同課によると「(父親の)介護がうまくいかずカッとなった」と供述し、ロープのようなものを巻き付けたことを認める一方、「殺すつもりはなかった」と殺意は否認している。県警は詳しい動機や経緯などを調べている。


子供故に親の介護に対するストレスが半端ないんですよね
何でこうなっちゃったんだろうっていう怒りが出ちゃったんですよね。熱心に介護すればするほど怒りが強くなってしまうのではないかと
いい人なんだと思います、容疑者の人は

それだけに無罪であってほしいし、下手をすれば自ら裁いてしまう可能性があるので、周りのケアが必要かもしれません


というわけで、国がまっ先にやるべきことは
介護をしている人たちを助ける政策
自宅で介護ではなく、介護施設を充実させ、そこでの介護を進めるべきではないか?
子供が親の面倒をみるのは大事なこととは思いつつ、生活をすべて介護に振り向けなければならなく
あまりにも重いです。結果としてこういうことになってしまいかねない以上、救済策として必要だと思います

外人受け入れに熱心になるより、国民の救済と熱心にやってほしいですね
外人が来なければ国が成り立たないとか、どこまで落ちぶれしまっているのやら


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190121-00010001-fukui-l18


元記事
Seesaa:「国がすべきは、外人を重要視することではなくて、国民を守ることじゃないか?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-21 20:53 | 政治

お仲間が敵を討てると良いのですが>イノシシに殺害された

Yahoo:「狩猟中、背後からイノシシに襲われ男性重体 山梨

20日午前9時40分ごろ、山梨県山梨市牧丘町杣口の小楢山の林道で、狩猟中の同町城古寺、会社員、長谷川洋さん(59)がイノシシに襲われた。無線で「やられた」と連絡を受けた仲間が、約10分後に駆けつけたが、長谷川さんは左足を負傷し、意識不明の状態だった。市内の病院に搬送され、同日午後に死亡が確認された。

 死因は、イノシシに咬まれた左足下腿部等咬傷による失血死だった。

 日下部署によると、長谷川さんは仲間3人と入山し、現場では1人でイノシシを待ち受けていた。背後からイノシシに襲われたとみられる。近くに長谷川さんの銃が落ちていた。イノシシは山中に逃げたとみられる。同署で詳しい状況を調べている。<


いずれ、お仲間によってこのイノシシが討たれることを期待するばかりです
供養のぼたん鍋、良いかもしれませんね!


それにしても動物愛誤の連中のおぞましい意見が並んでましたが、なんであーなっちゃうんでしょうかねぇ?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190120-00000523-san-soci


元記事
Seesaa:「お仲間が敵を討てると良いのですが>イノシシに殺害された
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-21 20:45 | ニュース

選挙で得られた結果が、ハンストで覆ることが民主主義なんだろうか?

Yahoo:「「頭がぼーっとしてだるい」 でも権利守りたい 県民投票ハンスト4日目

沖縄県名護市辺野古の新基地建設の賛否を問う県民投票に参加しない方針の5市に対し、投票実施を求めてハンガーストライキを続けている「辺野古」県民投票の会の元山仁士郎代表(27)は18日、ハンスト開始から4日目を迎えた。体重は2~3キロ減ったという。疲れた表情を見せつつ、5市が態度を変えていないことに「投票権を奪うことは人権侵害。民主主義に反している」と訴えた。

 一方、5市の首長に県民投票実施を求める請願書の署名は午後11時半までに1960筆以上となった。

 この日は体力の消耗を抑えるため、ほとんど市役所前に設置したテント内で過ごした。午後3時半に記者団の取材に応じた時には「頭がぼーっとしてだるい」。それでも「沖縄の先人たちも、体を張って基地問題で闘ってきた。この問題は沖縄だけでなく、日本の問題だと突き付けないといけない」と自らを奮い立たせた。夕方には病院で心音や血液検査などの検査を受けた。

 市役所前には、元山代表を励まそうと、朝早くから夜遅くまで市民や賛同者が途切れなく訪れた。

 「身を削っている元山さんを見ると胸が痛い。無理はしてほしくないが、投票権がほしいという気持ちは変わらず、もどかしい」と話したのは、署名集めのボランティアで訪れた沖縄国際大学3年の女子学生(21)=宜野湾市。「県民投票はそれぞれの考えを議論する機会。若い人たちにとって大事なチャンスなのに…」と、不参加の自治体があることを悔しがった。

 署名用紙を何枚も持ち帰った中部商業高校の女生徒(17)は「市役所前は通学路で朝晩通るけど、話しかける勇気がなくて素通りしちゃって心が痛かった。やっと署名できた。友達にも署名を広めたい」。

 同市市愛知に住む女性(47)は居ても立ってもいられなくなり、早朝に訪れて署名した。「県民投票はみんなでやらないといけない。この寒い中で食べないで頑張っている姿をみたら、何もできなくて申し訳なく思う」と言葉を詰まらせた。

 創価学会員のメンバー2人も学会のシンボルでもある青、黄、赤の三色旗を持って訪れた。学会員の男性(59)は「公明党の議員たちは投票する権利を守ってほしい。もう一度、県民投票実施に向けて考え直して」と語った。


たかがハンストで政治結果がひっくり返るなら民意を確認するために選挙をする必要が無くなってしまいますよね
バカバカしい話です

県知事が県民投票をしたいというのも民意の結果がなら
いくつかの市町村長が、県民投票をしないと判断するのも民意の結果です
どちらも問題ない
でも、県民投票の結果に国政は左右されない
国防に関する判断は国民全体でなすべきであり、一つの県だけの民意で判断されることじゃないですから


また、国政の判断をハンストでひっくり返そうとするのも民主主義ではない
ただの政治的喧伝活動に過ぎないと思いますね
本気で死を覚悟しているわけでもなさそうですし(笑)

医師に健康チェックして貰いながらハンストとかなんの冗談なんでしょうか?

辺野古をひっくり返したければ、国政選挙で辺野古を完全に中止し、アメリカにノーを突きつけられる政党を与党にすることですね
それ以外に方法は何一つない
旧民主党が沈んでからいくつも国政選挙が行われたけど、野党が支持される気配がないんで、こういうやり方しか出来なくなっているんですよね(笑)


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190119-00374320-okinawat-oki


元記事
Seesaa:「選挙で得られた結果が、ハンストで覆ることが民主主義なんだろうか?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-21 20:12 | 政治

野獣は厳しく躾けないと駄目でしょ?<町田の一件

Yahoo:「都立町田総合高校 男性教師が生徒に暴力 小池知事「残念」

東京・町田市の都立高校で、生活指導を担当する男性教師が生徒に暴力をふるい、けがをさせていたことがわかった。

これは、SNSに投稿され拡散した動画で、1月15日、東京都立町田総合高校で、教師が1年生の男子生徒の顔を平手打ちし、引きずりまわしたりする様子が映されている。

学校によると、生活指導を担当する50代の男性教師が、生徒と口論になった際、顔を殴るなどの暴力をふるい、生徒は口の中を切るなどのけがをしたという。

教師は、「感情的になってやってしまった」と反省しているという。

都立町田総合高校の校長は、「教員が生徒に暴力をふるうことは、絶対にあってはならないこと。今後、真摯(しんし)に誠実に対応したい」と述べた。

学校側は、生徒と両親に17日謝罪したが、殴られた生徒は、許せないという思いを伝えたという。

小池都知事は、「これまでも、ガイドラインを作ったり、校内研修を行ってきたりしている。そういう中で、こういう事態が発生したことについて、私も残念に思う」と述べた。

都の教育委員会は、事実関係を確認し、厳正に対処する方針。


普通の、並の生徒相手なら暴力は駄目だというのは正論

しかし、何をしても教師が生徒に対して無力だということを知って、陥れるようなマネをする生徒に対しては厳しい躾が必要なので
今回の教師のやったことは無問題とすべきです

警察沙汰にして、生徒のやったことを厳しく取り調べるべきではないか?

都知事、校長が教師を批難するようなことを言ってしまえば、教師サイドはさらに不利な立場に立たされ
詰まるところ誰からも守ってもらえず孤立するだけの存在になってしまいます
はっきり言って阿呆だと思いますね

校則を守るように言って、こんな目に遭えば人間不信になってもしょうがないと思いますよ
何でもかんでも教師が悪い、暴力が悪いとしてしまうのは悪手でしょうね
何を言ってもどうしようもないクズは存在するわけで、そういうのに教師の手を煩わせるのは本当に気の毒だと思います
腐ったミカンは排除しないと、周りが腐ってしまうんですよ?


https://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20190118-00410035-fnn-soci


元記事
Seesaa:「野獣は厳しく躾けないと駄目でしょ?<町田の一件
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-21 19:56 | 反社会的

別に不当じゃないし

Yahoo:「同性婚希望カップルが婚姻届提出 不受理の見通し、今後一斉提訴

同性同士が結婚できないのは憲法が定める法の下の平等に反するとして国に裁判を起こす予定の横浜市の女性カップルが16日、同市内の区役所に婚姻届を提出した。現行は国内のどの自治体も同性婚を認めておらず、届け出は不受理となる見通し。この2人を含む複数の同性カップルが2月に東京、大阪など4地裁で一斉提訴する。

 婚姻届を提出したのは、会社員の中島愛さん(40)とドイツ出身の専門学校生のクリスティナ・バウマンさん(32)。2人はドイツで出会い、2013年から日本で同居。同性婚を認めているドイツでは18年9月から婚姻関係にあるが、日本ではバウマンさんが配偶者ビザを取得できないこともあり、留学ビザで滞在しているという。

 提出後に記者会見したバウマンさんは「病気になって学校へ通えなくなったり、今後仕事が見つからなかったりしたら、帰国しなければならない。日々不安で緊張する」。中島さんは「私たちだけでなく、社会で不当に扱われている仲間や家族のため(原告として訴訟に)参加した」と語った。【藤沢美由紀】


結婚を称するに値しない存在だから、結婚を認めないわけで(笑)

法の下に平等と言っても社会にとって意義があればということじゃないですか?
野放図に平等が認められるとは考えられないです

社会ってのは未来へと続くことに意義があるわけで、病気や障害などを除いて、あえて子を作らない未来のない連中に存在価値はない
権利の要求などせずに社会の片隅にいれば良いのにね


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000094-mai-soci


元記事
Seesaa:「別に不当じゃないし
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-17 19:36 | 反社会的

外人力士の導入によって協会、マスコミなどに潰されたようなものじゃない?

Yahoo:「稀勢の里、怪我に泣いた短命横綱 在位12場所、勝率わずか5割…不本意なまま力尽く

進退を懸けて大相撲初場所に臨んでいた横綱稀勢の里(32)=田子ノ浦=が4日目の16日、現役引退を表明した。師匠の田子ノ浦親方(元幕内隆の鶴)が都内の部屋で対応。初日から3連敗を喫した15日夜に話し合い決断したことを発表した。

 横綱としては不本意なまま力尽きた。在位12場所は昭和以降、10位タイの短命。横綱で8場所連続休場は三代目西ノ海に並び昭和以降1位。横綱休場率・818(初場所前まで)は年6場所制定着の58年以降、ダントツの高さで三代目若乃花の・500を大きく引き離す。

 4日目の錦木戦が不戦敗となることで横綱在位中の勝敗は36勝36敗。横綱勝率・500も最も低い。

 金星は12場所で計18個を配給。17年九州場所では01年秋場所の武蔵丸に並びワーストタイ1場所5個を配給。昨年初場所は30年10月、31年春場所の宮城山以来87年ぶり2場所連続で3日連続金星配給と、量産した。先場所も2日目から3日連続、今場所も2、3日目と金星を配給した。

 大関としては後世に残る成績だ。大関31場所で2桁勝利は24度を誇りカド番はわずか1度。332勝133敗、勝率・714。優勝次点は12度(関脇時代1度含む)、優勝は1度。横綱昇進までは休場も14年初場所にたった1日という鉄人ぶりだった。16年は69勝を挙げ優勝なしで初の年間最多勝を獲得した。横綱級の強さを誇った大関が横綱では大成しなかった。


ご本人の資質に関してはわからないけど

相撲協会が外人を導入して、日本国民の横綱を排出できない状態になり、マスコミなどによって国民の横綱の登場をせかされた結果がこれじゃないですかねぇ

ま、協会とマスコミに潰されたようなものじゃ無いかと思った
もうちょっとじっくりと育てる余裕はなかったのか?
そもそも外人を導入したことに問題はなかったのか?
心技体が問われる中、特に心に問題がある外人が増えている事に懸念はないか?(まぁ日本人もあれなのはいるけど)

やっぱり日本社会に外人を入れるのって、問題だと思うんだよなぁ
こんな風に、結局日本国民側が迷惑を被るんだと思うよ


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190116-00000034-dal-spo


元記事
Seesaa:「外人力士の導入によって協会、マスコミなどに潰されたようなものじゃない?
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-16 20:25 | スポーツ

バスの運転手に限らず、すべての業種で労働環境の安全競争があってしかるべきですね

Yahoo:「軽井沢スキーバス事故から3年、業界どう変化 「安全競争」加速、事業者の淘汰も

事故を起こした事業者は法令順守の意識があまりに低かった

 2016年1月15日未明、長野県軽井沢町の国道18号「碓氷バイパス」で、東京から長野県のスキー場へ向かっていた貸切バスが対向車線を越えて道路外に転落、15人が亡くなり、残る26人も重軽傷を負うという大事故が発生しました。当該バス事業者の運行管理体制があまりにずさんだったことから社会の大きな関心を集め、国土交通省やバス業界、バス車両メーカーらでは再発防止策の策定に追われました。

 この事故は、貸切バス事業者のなかに、バス運行に関する様々な規制を守る気がまったくない者がいた、という事実をあらわにしました。規制の「実効性」が不十分、つまり規制があるにもかかわらず、一部の会社で守られていなかったのです。

 事故後の捜査と報道により、事故を起こしたバス事業者「イーエスピー」では、運転手の健康状態確認などのため義務とされている運行前の「点呼」が実施されていない、「運行指示書」に具体的なルートが記載されていないといった、最も初歩的なルールさえ守られていなかったことが明らかになっています。

 さらに、貸切バス事業者が旅行会社から受け取る運賃額について新しい制度が導入されていたにも関わらず、それを下回る額で旅行会社から受注していました。この「新運賃・料金制度」は、「旅行会社から受け取る運賃額が低額で、安全への取り組みを十分に行えない」というバス業界の声を受け導入されたものです。バス事業者が受け取る金額を上げるように制度を変えたのに、その制度さえ守っていなかったのは不可解です。大型バス運転経験の乏しい運転手を、十分な研修を経ずに乗客を乗せた「実車」乗務へ送り出した点も、常識的なバス事業者と比べ安全意識が驚くほど欠如していたと言わざるを得ません。

 貸切バス事業においては、運転手の運転時間や拘束時間、車両の整備管理など細かい規制が以前から決まっていましたし、過去の事故を受けさらに強化されていたにも関わらず、このバス事業者には、それらを守る意識がまったく欠けていたわけです。2000(平成14)年に貸切バス事業への新規参入が自由化された結果、中小事業者が増加し、そのなかには同社のように「どうせバレないだろう」として法令を守る気が足りない事業者もいたということです。

悪質な事業者は「排除」 強化された規制の数々

 この軽井沢での事故を受け、国土交通省では法令を改正し、バス事業者らの費用負担も得て「貸切バス事業適正化実施機関」を指定。同機関が各事業者を巡回し指導を行う一方で、問題が多い事業者があれば通報し、国による監査が優先的に行われる体制が作られました。また、貸切バスの事業許可を更新制とし、各事業者は原則として5年おきに国による審査を受けなければ事業を継続できない仕組みとなりました。

 後者は、2017年度に初めて適用されましたが、対象となった事業者のうち1割以上が更新を辞退し貸切バス事業から撤退するなど、中小事業者を指導し品質を底上げしつつ、悪質な事業者を退出させる仕組みが回り始めています。

 また、この事故によって、万一の事故の際に被害を最小限に留めるための「車両側の対策」が不十分だったことも露呈したと言えます。バス業界では従来、運転時間や拘束時間に上限を設け運転手の過労を防止するなど、事故をいかに未然に防ぐか、という点に重点を置いて対策がなされてきました。しかし、どれほど厳格に運行管理を行い、運転手の技術向上を図っても、事故を「ゼロ」にすることはできません。

 そこで、2014年以降、新造される貸切バスや高速バス車両について、衝突の危険があるときに自動で減速または停止する「衝突被害軽減ブレーキ」(いわゆる「自動ブレーキ」)を搭載することが順次義務化されました。さらに、2018年からは、日野自動車といすゞ自動車が販売する大型貸切バス、高速バスには「ドライバー異常時対応システム(EDSS)」(運転手が運転中に意識を失った場合など、バスガイドや乗客がボタンを押すことでバスが自動停止するシステム)の標準搭載が始まり、今後は他車種への展開やさらなる技術の高度化が予定されています。事故防止や事故の原因究明に使われる「ドライブレコーダー」も、2017年以降、貸切バス全車に装着することが順次義務化されています。

貸切バスの利用者側も変化 安全性の「認定」重要に

 軽井沢での事故を受け、紹介したもの以外でも多くの制度改正が行われました。こうした制度を着実に実行していくことこそ、業界の底上げを図るという意味で最も重要な対策です。一方、もうひとつ重要なことが、安全への取り組みをただの「コスト」だと受け取るのではなく、努力したぶん、自らの会社を選んでもらえるようになる「投資」だと思える市場環境を作ることです。

 事故後、貸切バスを利用する側である旅行業界も変化しています。旅行会社がバスツアーを企画し集客する際、実際に利用するバス事業者の名前をパンフレットなどに明記することとなりました。

 それまで、航空会社やホテルについてはパンフレットに固有名詞で記載され、仮に変更になれば利用者から差額返金などが求められていたのに対し、貸切バスは会社名の記載がなく、どの事業者も同じという扱いだったのです。たしかに従前のルールであれば、ツアーを企画する旅行会社にとっては、ツアーの集客状況(参加人数)や行程に応じて直前に別の契約バス事業者に振り替えることも容易です。これは、バス事業者にとっても状況に応じて車両を提供できるので、運用が楽であることは間違いありません。

 しかし、それでは、すべての貸切バスは、使いまわしのきく「汎用パーツ」になってしまいます。前述の通り2000(平成14)年以降、貸切バス事業者のレベルの差は拡大しているので、その差を「可視化」し、品質の高い事業者に予約が集まったり、その対価として高い運賃を受け取ることができたりするような市場環境を作る必要があります。

 そのための対策が、日本バス協会による「貸切バス事業者安全性評価認定制度」(通称:セーフティバス)です。同協会の担当者がバス事業者に出向き取り組みを評価するとともに、事故歴を反映して安全性の高い事業者を認定するもので、全国約4500社のうち、2018年12月現在で1718社が認定済み、そのうち318社が最難関の「三ツ星」を取得しています。

 大手旅行会社を中心に、発注(利用)先を、同制度認定のバス事業者に限定する動きも生まれています。その結果、中小規模の事業者でも同制度の認定を目指す事業者が増えています。認定を受けるには、運行管理の体制などを充実させる努力が必要で、中小事業者のレベルアップにつながります。

「ルールだから仕方なく」から、「選んでもらうため」の安全対策へ

 これまでバス業界には、「安全対策は見えないところで地道に行うもの」「お客様に不安感を与えないよう、安全対策をあえて説明しない」という雰囲気がありました。いまでは、安全への取り組みを可視化し、積極的に説明することで乗客に安心感を与える動きが始まっています。

 前述の「衝突被害軽減ブレーキ」や「ドライバー異常時対応システム」など先進的技術を用いた安全対策についても、バス車両の外側にステッカーなどで表示するためのガイドラインも国によって作られました。今後は、バス事業者どうしが、安全対策を含めた自らの品質を競い合う市場環境を作り上げていくことが必要だと言えます。

 一方、ほかの業界同様、バス業界でも人手不足が深刻化しています。運行管理体制や車両の安全装置が不十分なバス事業者は運転手からも選ばれなくなり、「人手不足倒産」のリスクさえ生まれています。「規制で決まっているから仕方なくルールを守る」安全対策から、「お客様や従業員から選んでもらうため」積極的な意識で行う安全対策へと、業界全体で舵を切ることこそ、貸切バス業界変革のゴールだと言えるでしょう。

 最後に、この事故で亡くなった方をはじめ被害者、そのご家族の気持ちを思うと、バス業界の関係者として沈痛な気持ちになります。バス業界に関わるすべての人が、真摯に、このような事故の再発防止に努め続けることを願っています。


別にバス業界に限った話じゃない
最近話題になっている医師の超長時間労働問題も同じだし
公務員も民間業者についても
働く環境が是正されなければおかしいという風潮になっていってほしいものだと思います

ちゃんとした給与の支給、休息時間など福利厚生の向上が当たり前のことであってほしいですね
都バスでしたか、運転手の給与が高いとほざいていたバカがいましたけど、安い方にそろえるのではなく高い方にそろえるのが当然でないと労働者の生活の向上は望めません。公務員へのねたみひがみが多いですけど、民間業者の経営者の認識が低いに過ぎないのです

日本社会がおかしくなったのも効率化を求め、少しでも人件費を落とし、国民自体をリストラしてきた結果です
おかげで少子高齢化が進み若い世代が苦しくなっているわけですが
それもこれも経営者がバカだからなのと、それに迎合したマスコミ、さらに言えば日本国民のブラック指向があったからなんじゃないのかなと

送った荷物が翌日に当たり前のように届きますけど、それは夜も働いている人がいるから
そういう時間に働かないで済むようにすれば、働く条件とか良くなると思いますけどね。夜中働くとか夜行性ではない人間にはおかしいんじゃないのかなとか

もっと余裕のある社会に変えていきたいものですねぇ
カツカツの生活では余裕とか豊かさが感じられないのは当然じゃないかなと
切り詰めて切り詰めて、こんなに余裕がでたよとか貧乏たらしくて惨めじゃないですか?


で、
安全面などで競争が進んで淘汰がなされるのなら
労基法を守る競争があっても良いですよね
労基法を守らない企業は潰れていって欲しいです
なおかつ労基法がさらに労働者に有利になるような改正を求めます
三六協定とか、まっ先になくすべきものではないでしょうか?


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190115-00010000-norimono-bus_all

元記事
Seesaa:「バスの運転手に限らず、すべての業種で労働環境の安全競争があってしかるべきですね
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-15 19:50 | 労働問題

一地域の民意だけで国防を論じるのはおかしいから県民投票をしないのが妥当

Yahoo:「沖縄県民投票に5市不参加 有権者、3割投票できず

沖縄県うるま市の島袋俊夫市長は14日、市役所で記者会見し、米軍普天間飛行場(宜野湾市)の名護市辺野古移設の賛否を問う県民投票への事実上の不参加を表明した。県内41市町村のうち、うるま市を含む5市で実施されない見通しとなった。5市の有権者は昨年9月末の時点で計約36万人に上り、県全体の約3割に相当する。

 不参加の理由について「現段階で事務執行ができる状況にない」と説明した。同時に投票の選択肢を賛成と反対の二者択一方式から4択に増やすよう、条例の改正を15日にも県に要請し、回答を待って最終判断すると明らかにした。


沖縄県だけで国防に関することを論じるのは駄目に決まってます
例え沖縄県で過半数を超えようと、国政の場で反対が過半数とならない限り、辺野古移設を止めてはいけないんじゃないですか?

国会で、たとえ支那に侵略され、家族、友人知人が支那人に虐殺されてもかまわないって人が増えて過半数を超えたら
国防をあきらめれば良いと思います


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190114-00000035-kyodonews-pol


元記事
Seesaa:「一地域の民意だけで国防を論じるのはおかしいから県民投票をしないのが妥当
ここは第一稿で元記事は改版している場合があります
コメントとか日本ブログ村への一票入れて頂けるなら上記にてお願いします


  # by sunrisesunset77 | 2019-01-14 18:08 | 政治

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE